1. まとめトップ

もう会社に行く必要なし!?コワーキングスペースが快適すぎる

働き方改革が提唱され、「ノマドワーカー」という言葉が再び注目されている現在。カフェよりも居心地が良く、なおかつ集中できるコワーキングスペースがあったので紹介します。ビジネスマンの方、フリーランスの方、必見です!

更新日: 2017年11月26日

0 お気に入り 520 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

redreamerさん

政府が「働き方改革」を提唱

労働力人口を伸ばすことを目的として、まずは労働環境を整えることが見直されている

安倍政権が掲げる一億総活躍社会を実現するには、画一的な労働環境に縛られることなく、国民一人ひとりが自分らしい働き方を実現できる環境が必要不可欠なのです。

縛られることなく、国民ひとりひとりが自分にあった働き方が実現できる環境作りをすることが目標となっている

その中で注目されている「テレワーク」という働き方

働き方改革関連の記事を読むと見かける「テレワーク」(在宅勤務)という働き方。一時期 カフェなどを仕事場とする労働者を「ノマドワーカー」と呼び話題となったが、このスタイルがまた注目され始めている。

テレワークとは、ICT(情報通信技術)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方です。

自宅を就業場所とする「在宅勤務」、所定の場所に依存することなくいつでも仕事ができる「モバイルワーク」、会社ではなくサテライトオフィスやスポットオフィスを利用する「施設利用型勤務」などテレワークにもいくつか種類があるようだ。

じゃあ、どこで働くのがベストなの?カフェ?

と言っても、会社以外で働く場所ってどこなんだろう・・・

ノマドワーカーの聖地だったスタバは「女子大生で混んでいて気が散る」

電源もあって、なおかつWi-Fiもあるとなるとカフェが思い浮かぶけど、本来 カフェとはコーヒーや食事を楽しむところ。うるさくて仕事に集中できないとしても文句は言いづらい・・・

勉強する癖がつくことで、継続すればするほど実は膨大にカフェ代が膨れ上がっていることに気づくことができません。

そもそも毎回 500円近く支払って仕事場や勉強をする場所として確保するのも、人によっては大きな出費になっているのでは?

もうカフェも会社もいらない?? オシャレなコワーキングスペースがすごかった!!

カフェのように居心地がよく、なおかつ落ち着いた雰囲気で集中できることから、様々な人と1つのスペースをとして共有するコワーキングスペースが人気となっている。

カフェじゃ満足できない。カフェより気軽に。

オシャレな内装のコワーキングスペースが都内で増えてきているようです。

Wi-Fi完備、フリードリンク、無料コピー機など嬉しいサービスが備わっている

Wi-Fi完備、フリードリンク、無料コピー機など嬉しいサービスが備わっている

Wi-Fi完備、フリードリンク、無料コピー機など嬉しいサービスが備わっている

Wi-Fi完備、フリードリンク、無料コピー機など嬉しいサービスが備わっている

カード1枚で、全国どこでも24時間365日が自分のオフィスになる!?

毎日 使える「全日プラン」、週末のみ利用可能な「土日プラン」、全国にある拠点を利用できる「フルコネクトプラン」など豊富なプランを展開。

3つもプランがあれば、自分の求める働き方に合わせて選択ができそう。カード1枚で入退出が24時間できる仕様も忙しいビジネスマンにピッタリなのでは・・・?

会議室、応接スペース、集中スペースなど幅広いコンセプト展開。

ミーティングが入っても対応可能な会議室や応接スペースも完備。

レンタル会議室を借りる必要もなくなりそう

モニターまで完備・・・!?

1 2