1. まとめトップ

薄毛の原因と予防は枕って、ホント!? 気になる理由をまとめてみた!

睡眠と薄毛の関係を知っている方は多いと思いますが、枕の有無も重要であることを知っている方は少ないのでは?薄毛の予防、薄毛のが気になる方は必見です。

更新日: 2017年11月24日

2 お気に入り 118 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

質の高い睡眠は薄毛予防になる

質の高い睡眠を取ることは薄毛の予防になります。逆に睡眠不足や質の悪い睡眠は薄毛を招く原因でもあるのです。
髪は寝ている間に育つと言われているので、夜はしっかり寝ることが重要です。

実は、睡眠不足だけが原因でハゲるとは考えにくいものの、他の原因によるハゲを睡眠不足が助長することは、あり得ます。

AGAや円形脱毛症など、ハゲにもさまざまな種類がありますが、睡眠不足がこれらの脱毛症の直接的、又は唯一の原因になるとは、考えにくいものがあります。しかし、何らかの原因で脱毛症が起きたとき、そこに睡眠不足が加わることで、症状の悪化を加速させてしまうことは十分に考えられます。

睡眠だけではない! 枕の有無も重要

自分にあった枕を使うことは、質の高い睡眠を促す上で重要です。しかし、薄毛を予防するには枕無しがいいと言われています。

AGA予防には自分に合った枕を使うのが良いとも言われていますが、実は枕自体を使わず「枕なし」で寝るのも一つの対策です。

薄毛の原因は人によってさまざまですが、中には枕そのものや枕の高さが自分に合っていないために抜け毛が増えたり薄毛が進行したりしている人もいるようです。

薄毛の原因になるのは自分の体に合わない枕

枕無しがいい理由とは

枕無しの場合は首の角度がつかないので、後頭部まで血液がしっかり届きやすかったり、呼吸も安定しやすいので、睡眠の質や血流面で頭皮に良いと言われています。

人によっては枕なし睡眠が薄毛改善に役立つとされています。

血流が悪化すると頭皮にも栄養分が運ばれにくくなりますので、結果的にAGAを促進する原因に繋がってしまいます。一方で枕なしで寝ると、首に角度が付かない為血流が圧迫されず、正しく栄養分が循環します。

血流が改善される

枕を使うと首が曲がるため、呼吸もやや圧迫されて上手く酸素が取り込めなくなる恐れがあります。一方で枕なしで寝ると、鼻孔が真上を向いて睡眠中でもしっかりと酸素を取り込むことができ、呼吸がスムーズに行えるようになります。

呼吸が改善される

しかし、注意点もある!

枕がないことで逆に眠れなくなったり、寝返りが打てなかったりと、逆に睡眠の質を下げる場合もあるのです!!

枕なしで寝ることに慣れていない方ですと、寝返りがうちにくくなることがあります。寝返りが正しく行われないと肩こりの原因になり、それが続くとAGAを促進してしまう可能性があります。

寝返りがうちにくくなる

枕なし睡眠法はすべての人に効果があるというわけではありません。枕なしで、なかなか寝付くことが出来ないことや、身体をうまく休めることが出来ずに、血行不良になりかえって薄毛を進行させてしまう場合もあります。

結論

いかがでしたか?
AGAの予防というまではいきませんが、人によっては頭皮環境に良い場合もあります。実践を考えている方は、まずは枕無しが自分に合うかどうかを試すことです。

1