1. まとめトップ

ウチは使いすぎ?夫婦の生活費をぐっと節約する方法!

夫婦の生活費ってどれくらいが目安なの?ウチは使いすぎ?といった疑問を持っている方に、夫婦の生活費の目安と節約術をまとめました。

更新日: 2017年11月24日

2 お気に入り 3594 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

opmteammailさん

奥さんが専業主婦なのか、夫婦二人とも働いているかで収入に差があるものの平均的な生活費は20万円以下と言われています。

夫婦2人の生活に必要な費用は、だいたい20万円くらいが目安になるんですね。

生活費の内訳

生活費の具体的な内訳としては、以下のような費用があります。

家賃、水道光熱費、日用品費など様々ですが、これらの生活費は2種類に分けることができます。

生活費は「固定費」と「変動費」に分けられるんですね。

固定費の例としては、家賃、水道光熱費、通信費、保険料など。
変動費の例としては、食費、交際費、交通費、消耗品費、ガソリン代など。

家計における『固定費』と『変動費』を理解することは、ムダな支出をどんな角度から改善していけばいいかを判断するひとつの材料になる

夫婦の生活費でも、固定費と変動費を把握しておけば、ムダな支出を省くことができ、節約につながります。

固定費の節約術

家賃の節約術

固定費の中でも、家賃(住居費)の支出が多いと悩んでいませんか?

家賃は、夫婦の手取り金額の3割程度に収まるのが理想です。
現在の家賃がこれよりも多い状態で、もっと節約したいと考えている家庭は、思い切って引っ越しも検討してみましょう。

保険料の節約術

生命保険や医療保険などの保険に加入している方は、保険料の見直しが節約につながる場合もあります。

保険料の目安は、手取り収入の5~10%以内と言われています。10%を超えている方は見直しをすると良いでしょう。

昔に加入した保険は、今の自分に必要な保障内容でない場合もあります。

そういえば、昔加入した保険をそのままにして保険料を支払っている…という方は、早速見直ししてみましょう。

変動費の節約術

1 2 3