ブロガーが絶賛してる「キッチン家電」が超優秀【2017冬】

ブロガーさんが紹介している、これからの季節大活躍する「冬家電」。2017年に登場したものを集めました。

更新日: 2017年11月26日

417 お気に入り 241948 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

本格的なローストビーフや燻製が作れちゃう

最大の特徴は、素材を自動で360度回転させつつ、遠赤外線と近赤外線の二種類のヒーターで両側から加熱する「ロティサリー機能」。

かたまり肉をしっかり、じっくり、丁寧に焼き上げ。肉のたんぱく質の凝集を抑えられるので、柔らかくジューシーに仕上がり、「肉が硬くなる」「均一に焼けない」という不満を解消します。

燻製、オーブン、トースターとしての機能も装えている。燻製は食材に合わせて、高温・低温の2段階で調整でき、燻製卵やスモークチーズなどの燻製料理が手軽に楽しめる。

【NEW】mono編集部がお届けするWEB記事mo.webの番外編をアップしました 「パナソニックのロティサリーグリル&スモーク 体験レポ 新製品セミナーで美味しいお肉を食べてきた!」 monomagazine.com/etc/mono2017-1… pic.twitter.com/k65o68YtCx

本体がかなり大きいので、卵も一気に10個ほど入れてくん製にすることができます。鶏のもも肉などもお手の物。

平日はオーブン&トースター、週末はチャーシューを作ったりローストビーフを作ったりくん製を作ったりと、365日楽しめます。

煙も油も気にせず室内でバーベキューが出来る

煙・ニオイ・油の飛び散りがほとんどなく、お肉を焼いても柔らかく焼く事が出来ます。

卓上でワイワイ楽しめてパリッと焼ける!煙が出ない遠赤グリル『グラファイトグリラー 』【スゴい調理家電】 m-on.press/digimonostatio… pic.twitter.com/UDOduRypez

これは家呑みが捗りそう…

特に驚いたのは立ちあがりの早さでしたが、音が全くしないし、オレンジ色に光ってるので焼けてるの?っという感じでしたが、まるで家バーベキュー。遠火でじっくり火が通っていくんです。

わずか0.2秒で発熱します。

翌日も空気はクリーン。っというか、食べた後から、今までみたいに気になる臭いがなかったんですね。これが一番驚きました。

本格的な焼き芋が自宅で味わえる

さつまいもを上下のヒーターで外側からまんべんなく加熱することで芯までしっかりと熱を伝え、甘く焼き上げることができるという製品。

焼き芋プレートでは、さつまいものほか、とうもろこしやじゃがいもなども美味しく焼けるという。また平面プレートも付属しており、肉や魚、アップルパイやホットサンドも焼くことが可能。

これがあれば毎日焼き芋パーティーができちゃうすぐれもの。お芋をいれて40分待つだけで簡単にできちゃう。芋好きにはたまらん

全部おまかせ!ボタン1つで料理が完成

圧力調理、無水調理、蒸し調理、炊飯、スロー調理(スロークッカー)、温め直しができる、1台6役の電気圧力鍋。

調理に合わせて好みのモードがセットでき、炊飯はもちろん、難しいおこわや玄米もカンタン。角煮や黒豆の長時間調理もあっという間に仕上がります。

手間のかかりそうな角煮が、驚くほど柔らかに。

じゃがいもがわずか10分ほどの加圧でホックホクになるのがミラクル。まるで焼き芋のように粉を吹いているのには驚いた。

1 2