1. まとめトップ

【予言】2018年の世界はこうなる!?戦争・災害・通貨etc

戦争、災害、通貨についての予言。根拠は曖昧である。

更新日: 2017年11月24日

11 お気に入り 116911 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Go5Goさん

1月:北朝鮮崩壊

2017年末か2018年1月、北朝鮮の金正恩体制は国内のクーデターで崩壊する。経済制裁はまったく効果なく、米国は北朝鮮の鉄道を爆撃で破壊するだろう。そして、金正恩は中国に亡命する。

ウクライナが国際的に非難される

1月:中国の仮想通貨が高騰する

2018年1月になると、ネオはもっと急速に上昇する。これは、2月の冬の時期に始まる仮想通貨のお祭り騒ぎのような上昇の前触れになるとされている。

2月:仮想通貨がお祭り騒ぎになる。

これまでの過去のデータでは、2018年2月になるとビットコインは152万円まで上昇するとあった。

2018年の2月にはビットコインをはじめとした仮想通貨は上昇するが、ビットコインキャッシュはそれ以前から上昇を開始し、パーティーのような騒がしい状態になるとの見方だ。

3月:人工衛星が落ちてくる

2011年に打ち上げられた中国の宇宙ステーション(軌道上実験モジュール)「天宮1号」は、2016年9月に制御不能状態に陥り、2018年の1月~3月にかけて地球に落ちてくるといわれている。

3月:仮想通貨イーサリアムが不釣り合いに高騰

2018年の3月を過ぎると、仮想通貨市場におけるイーサリアムのシェアは不釣り合いに増大すると見られている。

3月21日:春分の日

ビットコインキャッシュに新しい有用性が見いだされるので、急騰する。

5月:史上最悪の地震 5月11日・5月13日が危険日

これは地震大国に住む我々にとっては非常に心配になる予言だ。日本列島のどこで巨大地震が発生してもおかしくない。ノストラダムスによると、2018年はアメリカ大陸の西側が特に危険とのことだ。

ヴェスヴィオ火山の噴火

ノストラダムスによると、ポンペイに悲劇をもたらしたイタリアのヴェスヴィオ火山が来年2018年に再び噴火、“5分毎に”地球を揺らし、6千人~1万6千人の犠牲者が出るという。

日本が軍国化

中国の度重なる挑発により、日本は平和憲法を捨て、米国による支援の下で再軍備を進める。日本は対価を支払い米国のミサイル防衛システムを導入する。

第三次世界大戦勃発

中国とインドの関係は緊張し、両軍は何度も衝突する。この過程で、インドは国境を拡大させる。さらに両国では洪水も起きる。

「2つの大国の間で戦争が勃発し、27年続くだろう。彗星の出現とともに恐ろしい暴力が振るわれるだろう」

 ノストラダムスによると、2017年と2018年が人類にとって重要な年になるという。“彗星”という言葉から察せられるように、戦争の勃発は夜だとする解釈もあるようだ

シリア分割

国際金融システム崩壊

ノストラダムスによると、2018年に「金持ちは幾度となく死に絶える」とのことだ。現代の我々からすれば、驚くには値しない予言ともいえるだろう。

5月:仮想通貨リップルに人が殺到する

1 2