1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

FAX送信広告もダメ!来月施行の特定商取引法が変わる。

来月から改正・特定商取引法が施行されます。大切なポイントもあるから覚えておきましょう。またこれからビジネスされる人も注意が必要ですね。

更新日: 2017年11月26日

23 お気に入り 40701 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

◎高齢化が進む日本、販売トラブルなどで、相談件数が増加している

近年、貴金属等を中心に、主に高齢者や女性を狙った訪問購入による被害が急増及び深刻化しています。

高齢者の電話勧誘販売などでは、お墓の利用権、有料老人ホームの利用権、鉱物の採掘権などの各種の「権利」、未公開株や社員権、社債、医療機関債などの債権、仮想通貨や外国通貨など様々な被害が増加しています。

特定商取引法は、訪問販売やマルチ商法など消費者トラブルが起きやすい特定の七つの取引類型を対象に、事業者の不公正な勧誘行為等を取り締まる法律として一九七六年に成立

トラブルを防止したい。特定商取引法が12月1日施行されます!

トラブル防止のルールを定め、事業者による不公正な勧誘行為などを取り締まることで、消費者取引の公正を確保するための法律です。

◎改正のポイントを覚えておこう。

▼承諾をしていない!FAX広告の提供の禁止

通信販売における承諾を得ないファクシミリ広告の送信の禁止を新設

事業者から消費者に対する通信販売ファクシミリ広告が原則として禁止されます。

昨年改正された特定商取引法が施行されればこういった迷惑FAXは違法となるので、早く施行して下さい

迷惑電話、fax:今月は増えるのかな? ↓ 平成29年12月1日より改正特定商取引法が施行。 施行後は相手方の承諾なくFAXによる広告を送る事は禁止。 29年12月1日以降に迷惑FAXが届いた場合には、即座に近くの消費生活センター又は消費者ホットライン(188番)に電話を。

▼美容医療サービスが特定継続的役務に追加指定

今年の12月1日から、改正されました特定商取引法がいよいよ美容外科でも適用が始まり、契約締結時の書面交付義務、クーリング・オフ制度が導入されます。

脱毛、しみやしわ取り、痩身(そうしん)、歯のホワイトニングは対象

*1回限りの手術や注射は対象にならない。

サービスの提供期間が1カ月を超え、なおかつその代金が5万円を超えるもの、となっております。

12月からの契約は、美容医療の一部が特定商取引法に入るのでクーリングオフの対象になりますよ。私の考えは最初からセットにしない。何故なら自分が気にいるかどうかなんて受けてみないとわからないから。3回はやらないととか、5回はやらないと… twitter.com/i/web/status/9…

12月1日から、特定商取引法が改正されて、一定条件の美容整形、脱毛、ホワイトニング(歯をしろくするやつ)は、クーリングオフ、中途解約、契約取り消し(条件あり)できるようになるから、利用する人は12/1以降がいいよ!

▼過量販売解除権が電話勧誘販売にも導入

日常生活において通常必要とされる分量を超える商品・サービスを契約した場合、契約締結の時から1年以内であれば、解除することができます。

1 2