1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

shaly444さん

睡眠は非常に大切

海外旅行や国内旅行で、「飛行機や夜行バスの中でいかに深い睡眠・休息を取るか?」は結構、重要なポイントです。

特に「夜に出発して、到着が朝になることが多い海外行きの飛行機や夜行バス」に乗る際は、十分な睡眠を取っていないと、楽しくない気持ちになってしまいますよね。

いかに深い睡眠ができるか?気持ちよく睡眠できるか?これが、翌日以降の旅行の楽しみを決定づけると言っても過言ではないでしょう。

睡眠をちゃんと取れないと、、、

結局飛行機では30分ほどうとうとしただけで寝れなかったorz

無事東京着。思った以上に寝れなかったし眠たいし。シャワー浴びに行こうかと思ったけど移動にまた時間かかるしバタバタやから、やっぱり一旦家帰ってその時にでも。休憩してからまたバスに乗るー!眠いー!

いろいろ書きたいけど帰りのバスも寝れなかったし今日はもう寝ます(><)おやすみなさい

ネックピローがあると・・・

@sim_max218 名古屋ってそんな遠いんか んとね、ネックピロー、マスク、アイマスク、寝る時のメディキュットで私はよーく寝れたよwwネックピローはスグレモノよ!!乗る前に一杯ひっかけるとなおよし←

ネックピロー買ったらこれが良くて「椅子に座ったまま快適に眠れる!」と言ったら「布団で寝ろ」と至極真っ当な事を子供に言われた。

学校さむいし 足から冷えるから ほんと無理 車の中ポカポカしてて 脚にモコモコひざ掛けかけて ネックピローとともに 快適に寝てた

ネックピローってどんなもの?

実はコレが『ネックピロー』

ネックピローとは長時間のフライトに備え、首を固定するための旅行用品である

ネックピローは大きく分けて2種類に分類されます

・空気でふくらませるタイプ

旅行や出張などに持っていくときは出来るだけ荷物を少なくしたいですよね。
そんな時には空気で膨らませるタイプがコンパクトに収納できるのでオススメです。

・空気でふくらませないタイプ

ポリエステルや低反発素材、ビーズなどで中身が詰まっている為、安定感が高まります。
ただし、価格面では空気で膨らませるタイプよりは割高です。

両者のメリット・デメリットをまとめると

・空気で膨らませるタイプ
   メリット:空気を抜いてコンパクトにたためて収納できる
        金額が安価のものが多い
  デメリット:空気圧が一定でないため、固さが徐々に変わってしまう

・空気で膨らませないタイプ
   メリット:体の圧力を分散しやすい
        素材にこだわったものが多く、肌ざわりが心地よい
  デメリット:コンパクトにたためないため嵩張る

自分はどっちのタイプが合っているのか?

特徴が違うので、就航距離やスーツケースの空きスペース状況、予算に応じて、ご自身の計画に合ったものをチョイスされるとよいです。

各タイプのネックピローをそれぞれ紹介します。

空気でふくらませるタイプ【500円まで】

・必要最小限の機能のみ
・とりあえずためして見たい方

100円均一のダイソーやセリアなどで購入できます

みんなのレビュー

1 2 3