1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

週末に天国と地獄…さいたま市民が一喜一憂していた

浦和がアジア王者となった一方、大宮が降格…両クラブが好きな人は複雑な心境でしょうね

更新日: 2017年11月27日

14 お気に入り 58543 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

manuronaldさん

■10年ぶりにアジア王者となった浦和レッズ

ACL決勝でアル・ヒラル(サウジアラビア)を2試合合計2-1で破り、10年ぶり2度目のアジア王者に。

来月6日からUAEで開かれる「FIFAクラブワールドカップ」にアジア王者として参加する。

■そんななか、同じさいたま市内の大宮アルディージャに悲劇が…

2014年以来2回目の「J2降格」が決定

J1第33節が26日に各地で開催され、降格圏の17位大宮アルディージャが、16位ヴァンフォーレ甲府と直接対決。

勝たなければ降格が決まるホームの大宮は、猛攻をかけるも0-0で引き分け、最終節を残してJ2降格が決まった。

今シーズンは序盤から低迷

16年は史上最高成績となる5位と躍進を果たしたが、今季は開幕から6連敗とスタートダッシュに失敗。

しかし、8月の新潟戦を最後に白星を得られず、今月5日に鹿島前監督の石井正忠氏が監督に就任したものの、状況は変わらなかった。

■このような結果となった原因

15年のJ2優勝から昨年の躍進への大きな原動力となっていた、家長昭博(現川崎)と泉澤仁(現G大阪)が移籍。

特に、3年間にわたってチームの中心を担ってきた家長の移籍により、確立されたスタイルを大きく変えなければならなくなった。

家長に頼っていた"起点作り"をチーム全体、主に中盤のポゼッション能力で補う"攻撃的スタイルへの転換”を目指した。

しかしその結果、チームバランスに少しずつ乱れが生じ、大きな負のスパイラルに飲み込まれてしまった。

■明暗分かれたさいたま市…ネット上にも様々な声が

浦和と大宮 埼玉県内でたった1日の差でこの天国と地獄…………

土曜日 アジア制覇を決め美酒に酔いしれた浦和区 日曜日 J2降格が確定し悲しみに暮れる大宮区 この週末、さいたま市が熱い・・・てか温度差凄すぎて風邪ひいてまうわ( ‘ᾥ’)

さて、1試合を残して大宮の降格が決定。 自分が見始めた2005年以来いろいろなシーズンがあったけど、今期の大宮は間違いなく最弱のチームだった。 現在勝点25。主力が数人抜けただけでここまで崩れてしまったこと、加入選手がここまでフィットしなかったのは辛かった。#ardija

大宮には降格して欲しくなかったけど主力大量流出から始まって浦和に勝つまでのゴタゴタが最終的に大きな足枷になってしまったのは残念だなぁ…

大宮、2度の監督交代も奏功せず降格決定…社長に大ブーイング、石井監督には拍手(スポニチアネックス) - headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-… このチームのJ2降格の原因はフロントにあると思う。

1 2