1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

タキツバ休止中の「滝沢秀明」が『家族の旅路』に主演!遠藤憲一が死刑囚役

今年「タッキー&翼」の活動休止を発表した滝沢秀明が、2018年2月スタートの冬ドラマ「家族の旅路~家族を殺された男と殺した男~」に主演する。家族を殺した死刑囚を弁護する主人公の苦悩と成長を描く人間ドラマで、滝沢は弁護士役に初挑戦する。遠藤憲一、谷村美月、片岡鶴太郎、横山めぐみが共演。

更新日: 2017年12月06日

3 お気に入り 10157 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆今年、「タッキー&翼」の活動休止を発表した滝沢秀明

オフィシャルサイトによると、タッキー&翼はこの数年、ユニットとしてのよいパフォーマンスが披露できておらず、活動にあたっての話し合いを重ねてきたという。

滝沢は休止に至った経緯について「2人でやるよりも、それぞれスキルアップしてと話し合って決めた」と説明。「2人とも成長して戻って皆さんの前に立ちたい」と約束。

◆ソロとしては今年も映画に舞台、CMと大活躍

『呪怨』シリーズの清水崇監督最新作、滝沢秀明主演ホラー『こどもつかい』が6月17日(土)より全国公開。

発売するや瞬時に全席が売り切れる「滝沢歌舞伎2017」が、今年も完売状態で4月6日、新橋演舞場(東京都中央区)で開幕する(5 月14日まで)。5月に通算上演回数600回を達成する。

滝沢秀明が6日、都内で行われたホーユー「メンズビゲン ワンタッチカラー新商品発表会」に登場した。滝沢は「メンズビゲン ワンタッチカラー」の新CMキャラクターとなり。

2017年2月から

◆そんな滝沢が来年2月からの連ドラ『家族の旅路』に主演決定

【初の弁護士役】滝沢秀明、ドラマ『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男』で主演 news.livedoor.com/article/detail… 小杉健治氏の小説『父と子の旅路』が原作。滝沢がソロとして主題歌も担当する。来年2月スタート。 pic.twitter.com/2uq3t9ghLH

滝沢秀明(35)が、フジテレビ系ドラマ「家族の旅路~家族を殺された男と殺した男~」(来年2月3日スタート、土曜・後11時40分)に主演する。

◆小杉健治の小説を原作としたサスペンス

小杉健治の小説『父と子の旅路』(双葉社刊)を原作にした同ドラマ。

30年前に両親と祖父を殺害された青年弁護士・浅利祐介が、犯人とされる死刑囚の弁護人になり、葛藤や苦悩を乗り越えていく姿を描くサスペンス。

◆死刑囚役には遠藤憲一が決まった

俳優の遠藤憲一が、来年2月スタートの東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男』(毎週土曜 後11:40)に出演することがわかった。

主演の滝沢秀明演じる弁護士・浅利祐介が「再審弁護人」となる、死刑囚・柳瀬光三役に起用された。しかも柳瀬は浅利祐介の両親と祖父を殺害したほかならぬ犯人…。

柳瀬の再審弁護人を祐介に依頼する河村礼菜役には谷村美月、祐介が頼り、慕う、弁護士事務所所長で熱血漢な人権派弁護士に片岡鶴太郎、自由奔放で荒れた人生、しかし不器用ながらも愛を求める礼菜の母・河村あかねには横山めぐみが起用された。

◆主題歌も滝沢がソロで担当する

『オルトロスの犬』(2009)

滝沢秀明が主演ドラマの主題歌をソロで担当するのは、ドラマ『オルトロスの犬』以来

今年ユニット活動を休止した滝沢がソロとして主題歌も担当する。

ソロ楽曲としては「あなただけに今歌うこの詩」(14年1月、配信限定曲)以来4年ぶり。

楽曲は選定中で、滝沢は「放送が終わっても、視聴者の方々がこのドラマの名場面が浮かぶような、そんな主題歌にしていきたい」と気合を入れている。

1 2