1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

バリ島アグン山が再噴火‥噴煙4000メートル国際空港を閉鎖

バリ島の北東部にあるアグン山で噴火が続いていて空の便にも影響が出始める事態に…これまでの経過や今後気になります。

更新日: 2017年11月27日

5 お気に入り 37314 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

バリ島のアグン山の噴火が続き警戒情報が出ています。

【警戒】バリ島の火山活動が続くアグン山、噴煙が4000メートルに news.livedoor.com/article/detail… これにより空の便に欠航便が出るなどして観光客らが足止めに。50年以上ぶりに噴火する恐れが高まっている。 pic.twitter.com/5UTg2cFkQt

日本人客も多い観光地バリ島で先に噴火したアグン山が25日から26日にかけ、さらに複数の噴火を起こしたと発表

バリ島アグン山のこれまでの経過

9月22日に噴火警戒レベルを最高に引き上げた。一時は13万人以上が避難。10月29日、火山活動が落ち着いてきたとして警戒レベルを上から2番目に引き下げていた。

インドネシア政府の災害対策部門によりますと、バリ島の北東部にある標高3000メートル余りのアグン山では

噴煙は前日、噴火の恐れが新たに高まったとして近隣住民が避難を開始した21日の高さの2倍となる1500メートルに達し

26日も続いていて、噴煙が火口から最大で4000メートルほどの高さまで上がったということです。

現地の火山地質災害対策局は最大警戒へ

現地の火山地質災害対策局(PVMBG)は航空用カラーコードをOrengeから、最も上のランクであるRedに引き上げ

多量の火山灰が大気中に放出されているため、エンジンの出力停止など航空機の運航へ重大な影響を及ぼすおそれがあるためです。

空の便に影響も多くの欠航が発生…国際空港を閉鎖へ

便を遅らせたり着陸地を変更したりする決定はそれぞれの航空会社に任せられているという

26日はバリ島とオーストラリアを結ぶ国際線など81便が欠航になったほか、バリ島の東にあるロンボク島の空港が27日朝まで閉鎖される

噴煙はバリ島東隣のロンボク島まで達し、当局は26日午後、ロンボク島の空港を閉鎖した。

ネットからはバリ島の火山に関して様々な反響が

バリ島の火山が噴火⁉︎ ついこの間行ってきたので心配ですね(´・д・`)

【バリ島で再噴火 便に影響】 バリ島北東部のアグン山が21日、半世紀ぶりに噴火し、25日から26日にかけて再噴火して約70便がキャンセルしたようです。 安全のためにはしかたない

アグン山の噴火凄いなあ 最初月山夫妻のバカンスはバリにしたかったけど避難指示出てる地区もあるしなぁ、とプーケットにしたけど、まさか本当にこんな噴火をするとは…

バリ島のアグン山は1963年から1964年にかけて20世紀で世界最大規模の噴火を起こした。んで、1964年と言えば東京五輪。さてさて、どうなるだろうか。何事も無ければ良いが。

アグン山の噴火。実家へ連絡したら、兄、母がマスク着用で登場。どの位かわからないけど、降灰してるとの事。心配。

インドネシア・バリ(Bali)島

1 2