1. まとめトップ

ヘンリー王子と米女優マークルさんの婚約発表 おめでとうございます

マークルさんの活動がイギリスの国益と反するような時、どのような判断が下されるのかは、まだ誰にも分かりません。

更新日: 2017年11月28日

0 お気に入り 2610 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Doragonflyさん

チャールズ英皇太子の次男ヘンリー王子(33)=王位継承順位5位=と恋人の米女優メーガン・マークルさん(36)の婚約が11月27日、王室から発表されました。今月初めに婚約。挙式は2018年春の予定だそうです。おめでとうございます。

欧州連合(EU)離脱、アメリカのドナルド・トランプ大統領の国賓としての訪英延期とイギリスの「リトル・ブリテン」化が顕著になる中、永遠に不滅のロイヤル・ファミリーからうれしいニュースです。

SUITS7で降板は寂しいけどおめでたいニュースは嬉しいです!! ヘンリー英王子が米女優と婚約=来春挙式、相次ぐ慶事(時事通信) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-… @YahooNewsTopics

ウィリアム王子(兄)の妻キャサリン妃が第3子を妊娠。この20日にはエリザベス女王とフィリップ殿下が結婚70周年(プラチナ婚)を迎えたばかり。

ヘンリー王子は2004~10年、ジンバブエ国籍を持つチェルシー・デイビーさんと交際していましたが、男友だちとの付き合いを優先させることが多く、破局。

ヘンリー王子は11年「シングル」を宣言しました。

アンドルー王子の次女ユージェニー王女の紹介でエドワード7世(1841~1910年)直系のクレシダ・ボナスさんと12~14年まで交際。

16年6月からは友人に紹介されたマークルさんと交際を続けていました。

母親の故ダイアナ元皇太子妃が愛に恵まれなかったことからヘンリー王子の家族志向は相当なものだそうです。

ウィリアム王子とキャサリン妃が第1子ジョージ王子をもうけてからヘンリー王子の結婚願望にさらに拍車がかかったと言われています。

優等生のウィリアム王子と違って、ハメを外すことが多いヘンリー王子は英メディアによく叩かれました。

仮装パーティーにナチス・ドイツの制服を模したスタイルで登場したり、12年にはラスベガスの高級ホテルのスイートルームで全裸になっている姿を撮影されたりしたこともありました。

陸軍を15年に除隊、その後、人権活動に熱心なマークルさんと付き合うようになってからはすっかり大人になり、チャリティー活動に一段と力を入れるようになります。

国民のエンパシー(感情移入を伴う共感)を得るように発言できるようになったのもこの頃からです。

昨年12月には最愛の母ダイアナを失った時の気持ちについて次のように話しました。

「僕は実際のところ何が起きたかにとことん背を向けてきました。胸の中で封印した感情はたくさんあります。人生の大半、僕は本当に母の死について考えたくありませんでした」

ヘンリー王子は陽気でハメを外しても国民の人気者でしたが、メディアを味方につけるコミュニケーション能力を身につけました

女優でもあるマークルさんの愛のこもったアドバイスが生かされているのは間違いないでしょう。

マークルさんとは一体どんな女性なのでしょう。1981年8月4日、白人の父親とアフリカ系の母親の間に生まれ、ロサンゼルスの「ブラック・ビバリー・ヒルズ」と呼ばれる高級住宅地で育ちました

ローマ・カトリック系のカレッジで学び、ノースウェスタン大学でコミュニケーションを専攻、女優としてのキャリアをスタートさせます。

2011年に映画のプロデユーサーと結婚しますが、わずか2年で離婚。ライフスタイル・サイトの編集長を3年した後、17年4月にサイトを閉じたため、婚約準備をしているという観測が流れていました。

同年9月にはアメリカのファッション雑誌ヴァニティ・フェアのインタビューに「ヘンリー王子と私は本当に幸せで愛し合っています」とのろけています。彼女のフォロワーはインスタグラム190万人、ツイッターが35万人。性差をなくす運動にも熱心で、国連の活動に積極的に協力してきました。

イギリスでは宗教上の権威はイギリス国教会にあり、世俗上の権威は神様から君主(国王または女王)に授与されることになっています。

エリザベス現女王の治世を描いたネットフリックスの人気シリーズ『ザ・クラウン』をご覧の方はご存知の通り、イギリス国教会は2002年まで、前の配偶者が生きている離婚者との再婚を禁じていました。

このため英王室ではさまざまなスキャンダルと悲劇が繰り返されてきました。

1936年、エドワード8世は二度の離婚歴があるアメリカ人女性ウォリス・シンプソン夫人と結婚するため退位し、「王冠を賭けた恋」と世界中を驚かせます。

第二次大戦の「空の英雄」タウンゼント大佐と恋に落ちたエリザベス女王の妹マーガレット王女は結婚を望みながらも、王室の威信を守るため引き裂かれます。

2013年に王位継承法が改正されるまでは、ローマ・カトリック教徒と結婚した者は王位継承権を失うという非情な定めが残っていました。

1 2