1. まとめトップ

【神木隆之介】名子役から大人へマルチな魅力『君の名は。』声優も!

名子役から大人へなりつつある神木隆之介は、実力派俳優としても名高い。映画『君の名は。』の声優としても有名で、今年は映画『三月のライオン』で大ブレイクした。過去の実績から紐解いてみた。

更新日: 2017年11月28日

1 お気に入り 678 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

子役時代からずっと見守ってきたという感じです。マルチにいろんなことが出来てすごいです。声優も向いていますね。来年もブレイクしそう!

mizuki36さん

心に染み渡る演技

1993年5月19日(24歳)、埼玉県出身のB型・身長168cm・俳優・声優。子役時代からキラリと光るものがあり、心に静かに染み渡るような演技をする。

2005年NHK大河ドラマ『義経』で牛若丸を演じ、2012年『平清盛』で源義経も演じている。同じ人物の幼少期と成人期を演じた唯一の俳優である。

『君の名は。』ハリウッドで実写映画化決定

2016年8月、新海 誠監督の映画『君の名は。』が上映されてから、爆発的にヒットして、社会現象にもなった。

立花 瀧の声を神木隆之介が担当していたが、上手すぎて違和感が全くなかった。こんなに素敵だとは気づかなかった。

日本での上映は終わり、今や世界を回っているが、2017年9月、ハリウッドで実写映画化が決定されている。

将棋を指す凛とした姿

2017年3月18日映画『3月のライオン』(前編)、4月22日には後編が上映された。原作:羽海野チカのコミック「3月のライオン」の映画化。

キャスト:神木隆之介・有村架純・倉科カナ・高橋一生・伊藤英明・豊川悦司という豪華な顔ぶで、私はコミック本もアニメも視たがピッタリとイメージ通りだった。。

17歳の将棋のプロ棋士・桐山零(役:神木隆之介)と、彼をめぐる人々の終わりなき冒険の物語。

桐山零は将棋の才能はあっても、孤独な生活を送っていて、育った過去に暗い闇を抱えている。

けっこう、難しい役柄でも神木隆之介は、抜群の演技力で演じている。瞳や顔の表情の一つ一つに心の中を映しだせるのが魅力的だ。

個性的な周りのキャストとのやりとりも面白い。

神木「将棋の駒の指し方が一番難しかった」と苦笑いしていたのが、印象的だった。

刑事ゆがみ

2017年秋ドラマ『刑事ゆがみ』では刑事・羽生虎夫役で、先輩・弓神適当(役・浅野忠信)のハチャメチャな捜査に振り回されるが、出世欲に燃え、正義感が強い腹黒刑事という役柄をコミカルに演じている。

弓神との掛け合いが面白い。

規律を守ろうとする真面目な部分とコミカルな部分をサラッと演じても、神木隆之介らしさがにじみ出ているのだ。

【受賞歴】
2004年 第14回日本映画批評家大賞 新人賞(南俊子賞)ー映画『お父さんのバッグドロップ』
2006年 第29回日本アカデミー賞 新人俳優賞ー映画『妖怪大作戦』
2011年 第51回モンテカルロ・テレビ賞(世界四大映画祭) 「テレビ映画部門」ノミネート/特別    賞「AMAED/ユネスコ賞」ーNHK『心の糸』
2012年 第4回TAMA映画賞 最優秀新人男優賞ー『桐島、部活やめるってよ』『劇場版 SPEC~天    ~』
2013年 第17回日刊スポーツ・ドラマグランプリ・春ドラマ「助演男優賞」ー『家族ゲーム』
    第77回ザ・テレビジョン・ドラマアカデミー賞 「助演男優賞」ー『家族ゲーム』
    第23回TVLIFE年間ドラマ賞2013 「助演男優賞」『家族ゲーム』
2015年 ソウルドラマアワード2015 アジアスター賞
2017年 第11回声優アワード 「主演男優賞」ー『君の名は。』

1