1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

メルカリ買取りに参入「メルカリNOW」CASHどっちで売るか

メルカリが買い取り市場に参入「メルカリNOW」が話題…ネットから様々な反響が広がっています。

更新日: 2017年11月28日

65 お気に入り 90638 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

メルカリが即時買取サービス「メルカリNOW」を開始し話題

手元にある商品のブランドと状態を選択し、スマートフォンのカメラで撮影した画像を提供するだけで、査定金額をメルカリ側が提示

出典https://www.bcnretail.com/news/detail/20171127_43980.html

DMM.comがこのほど買収した「CASH」が先行する即時買い取りサービスの分野に、メルカリが参入する。

サービスの仕組みや特徴が気になります。

メルカリナウは、メルカリアプリ内の「NOW」のタブを選ぶと使える。ブランド名や新品か中古かなどを登録した上で品物を撮影する

メルカリの過去の取引履歴をもとに金額が査定される。品物はメルカリ子会社が2週間以内に集荷して買い取り、メルカリのアプリで販売される。

ブランドや状態を選択すれば1日100万点以上の取引があるメルカリのデータを基に1秒で査定される。

全ユーザー合計で1日当たり1000万円。買い取り金額が上限に達した場合、その日のサービスは終了となる。買取金額の合計値は毎日午前10時にリセット

メルカリよりメルカリNOWの方が査定金額は安い。時間を取るか金額を取るか、必要に応じて使い分けてほしい

一般的に心配されるトラブル事象に回答も

2週間以内の発送がなかったり、商品の状態がユーザーの申告と異なったりする場合は、売上金を没収。悪質なケースはアカウントの利用制限をかけることもあるという。

初めてメルカリNOWを利用する際は、古物営業法に基づき本人確認書類(免許証、住民票など)のアップロードが必要で、本人確認書類に記載された住所のみ商品の集荷が可能。

売上金の振込時には本人名義の銀行口座登録が必須です。未成年は利用できません。

あまりの反響にサービス開始から17分でダウン

メルカリ広報によれば、メルカリNOWは27日12:00にサービスを開始したあと、その約17分後には負荷の急上昇でサービスが一時停止状態になったという。

対する魁的な「CASH」

“目の前のアイテムを一瞬でキャッシュに”のコンセプトが大きく話題を生んだ質屋アプリの「CASH」

今年6月には、同様なアプリ「CASH」を、ベンチャー企業のバンクがリリース。

即時買い取りでは、先行するアプリ「CASH」を最近、DMM.comが70億円で買収したことで話題になった。

1 2