後妻業の女 DVD通常版

1982年に大竹しのぶ(当時24歳)は、TBSのドラマディレクターの服部晴治と略奪婚。

服部氏は当時、女優の中村晃子と同棲、婚約までしていた。

略奪婚後1年で服部晴治にがん発覚。

1987年7月に胃がんのため死去。
服部晴治、47歳没。

翌年の1988年に大竹しのぶは明石家さんまと再婚するが、4年後の1992年に離婚。

この情報が含まれているまとめはこちら

不倫~結婚へ♥略奪婚した後に…早死✞死去した人

妻や子供がいる男性と不倫関係の末に結婚する、いわゆる略奪婚。結婚後に残念ながら本人や夫が早死、死去した人。不倫~夫の前妻との離婚。略奪婚から発病、死去。発覚した隠し子。過去の不倫の末の死など。

このまとめを見る