なるほどぉぉぉ♡思わず納得しちゃった「女のモテテク」

「モテたいのにモテない!」そんなジレンマを抱えた女性のみなさんに捧げる、恋愛のプロによる恋愛本をまとめました。

更新日: 2017年12月02日

459 お気に入り 242685 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

モテ女になるには”心理学”を使え!

心理学者・山口まみが夫婦関係に悩む女性たちの相談の中で気づいた、「男女の違い」を分かりやすく書いた1冊

本当の「あざと可愛い女」は、外見で男に媚びるのではなく「男の心理」を理解して、どんな時でも彼や夫を「いい気分」にする女

同じ人間なのに男女の脳とこころは大きく違う。そして、このことを知っている女性は実はとても少ない

”あと一歩”が踏み出せない女性へ

主人公は幼少期に父の事件がトラウマで、素性がバレることに恐怖を抱いている。そのため、人間関係も現実の恋愛も踏み出せないまま

【そんなとき...】
主人公が、本から出てくるスタンダールに教えを受け、結晶作用(※)を味方に、理想の人と恋をする

小説家・スタンダールの「恋愛論」を小説と合わせ、現代風に分かりやすくアレンジ。
※結晶作用とは、恋愛によって恋愛対象を美化させてしまう心理。

代表作は、成功ノウハウ本として有名な「夢をかなえるゾウ」。

現代社会の恋愛において本当に悩ましいことは、その前の段階「人を好きになれない」「恋に一歩踏み出す勇気がない」こと

運命の恋はただ待っているものではなく、手に入れるためには困難がつきもの。傷つくのを覚悟で一歩踏み出してみて

"自画自賛"で運命が変わる!

女性に「自信」を与える美容師が、モテる女がこっそりやっていることや、「私なんて」がなくなる方法などを伝授

世の中、キレイじゃない人はいない。自分を「キレイだと思っている人」と「キレイじゃないと思っている人」がいるだけ

まだ自分にはモテる、今の自分より素敵な要素がたくさんある!と思える内容。毎日の過ごし方がこれから変わるような気がする

男は"6歳児"と思うべし!?

"男が別れを考える時"や”モテる為の自分の性格の変え方”など、男の本音を全て暴露したうえで、本当に女性の為だけに書き卸し

机上の空論ではない、全てトライ&エラーの実践に基づく書籍。延べ1万人以上の女性との接客の中で培ってきた“生きたテクニック”

女性の喜びと男性の喜びは全く違う。そのままコミュニケーションを取っていては、良かれと思ってやった事が全て裏目に出たりする

男が望むのは「大丈夫。あなたが一番よ」ということ。めんどうくさい?仕方ない。「男は基本6歳児である」のだから

1