1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Cocochanさん

猫13匹に熱湯をかけ殺す等した罪に問われている元税理士 大矢誠被告

元税理士の大矢誠被告は、去年から今年にかけて
埼玉県深谷市で、捕獲した猫13匹に熱湯をかけて
殺すなどした罪に問われている。
大矢被告は一部始終を撮影してネット上に投稿していた。

11月28日 東京地方裁判所で初公判

11月28日 曇り 東京地裁 大矢誠の初公判が始まる。 どうか22万人の願いが届きますように… pic.twitter.com/zRdQVD1aJ1

15年前、2002年こげんたちゃんの事件があった。その時に実刑を求めた署名は3000通だったそう。本日裁判の大矢誠への実刑を求める署名は22万を超えてる。

東京地裁 凶悪犯罪 大矢誠被告裁判 ならんでますよー 沢山集まってますよ pic.twitter.com/jAbqX4UM2M

大矢誠の初公判、傍聴券を求めて約400人以上は並んでたかも。 私は外れてしもたけど、同じように入れなかった人が大勢、今も裁判所の前にいます。 みんな居ても立っても、いられないんだろうね。あと少しで公判始まる(*`へ´*) pic.twitter.com/KI6husMK6E

傍聴券ハズレた方々が、 思い思いの看板を持って まだ東京地裁前に 立っていらっしゃいます。 許可を得て撮影させて頂きました。 pic.twitter.com/spNCE0zzn1

杉本彩さんも傍聴

杉本 彩(1968年7月19日 - )は、
日本のタレント、女優、グラビアアイドル、
歌手、ダンサー、小説家、
実業家、動物愛護活動家。
株式会社オフィス彩所属で代表取締役。
公益財団法人動物環境・福祉協会Eva理事長。
大の猫好きであり、20歳の時から
ボランティアで捨て猫の里親探しをしている。
「将来は一軒家で、もっと多くの
猫達の面倒をみたい。
今、手がけているビジネスでも成功したら、
私腹を肥やすのではなく、
大好きな動物たちに
何らかの形で還元したい」と語っている

[活動報告]大矢誠裁判 傍聴中 東京地方裁判所で行われている大矢誠の猫13匹殺害事件、代表理事の杉本が只今傍聴しています。 詳しくは閉廷後ご報告いたします。 EVAさんのFBより facebook.com/everyanimal.ev… pic.twitter.com/imC6SQHtzH

傍聴していた方のコメントなど

大矢誠裁判傍聴 次回判決 12月12日13時30分

大矢誠裁判傍聴1440過ぎに終了 検察官の求刑は懲役1年10ヶ月 弁護人は「執行猶予が相当」

大矢誠裁判傍聴かいつまみ (まとまらずすみません) 最初は糞尿被害をなくす為に捕獲して遠くに離してたけど、猫に噛まれて1ヶ月以上治らなくて仕事にも難儀したことで猫に対しての気持ちが一気に悪化して憎しみや恨みの感覚を持った。 ネットで海外の残虐動画を毎日見て抵抗感が薄れていった。

深谷の方の畑は広大で捕獲して放しても戻ってくるし、放した先で被害が出るから捕獲して「殺すしかない」と思った。 ネットで熱湯動画を見ていたからその手法に考えが至った。

動画撮影の理由は、日頃からネットで動画見てたのが大きい。 撮影して見直して、最初は、自分を噛んだ猫に対して溜飲を下げていた。 最初は自分だけで見てたけど、ネットで見た熱湯動画と比較してみたい気持ちでアップロードした。

アップして反応は「もっとやれ」「こんな方法ある」など肯定的コメント多かった。さらに抵抗感が薄れた。 とにかく当初は動画アップして恨みを晴らしたい気持ち。 今となったはやってはいけないことだったと思う。 殺めた猫に申し訳ない。心を痛めた人にお詫び申し上げたい。

署名活動知ってる。自分への断罪、殺された猫の声を聞きなさい、と理解している。 今後繰り返さない、贖罪の気持ちで生きていきたい。 本来どんな命でも軽んじてはだめ。命は大事にするべきもの。

弁護人 「常習的犯行、悪質な犯行、残虐な出口、被害大、いたぶる楽しみ、自己目的化、正当化する理由なし、再犯のおそれあり、刑事責任重い、厳正に処罰求める、求刑懲役1年10月」

弁護人 「逮捕歴なし、真摯に仕事、税理士として社会貢献、転機は噛まれたこと、膨大なネット情報や書き込みを見てなんたらかんたら、今は我に返って贖罪の精神、捜査機関に積極的、社会的地位失った、再起をはかる、執行猶予が相当」

1 2