1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

北朝鮮が弾道ミサイル発射「ロフテッド軌道」高度4500キロに

北朝鮮が日本時間の午前3時18分ごろ、弾道ミサイルを発射…現状、わかっていることをまとめました。

更新日: 2017年11月29日

5 お気に入り 33224 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

29日午前3時すぎ北朝鮮がミサイル発射と報道

北朝鮮が日本時間の午前3時18分ごろ、弾道ミサイルを発射しました。

日本の排他的経済水域(EEZ)内に着水の可能性があるミサイルを発射したと日本政府が発表した。

ミサイルは高度およそ4500キロまで上昇し、距離は960キロ飛行したということで、韓国軍はアメリカ軍とともにミサイルの種類など詳しい情報の収集を急いでいます。

防衛省50分程度飛しょうと発表

北朝鮮西岸より弾道ミサイルが日本海に向けて発射され、50分程度飛しょうした後、日本海のわが国のEEZ=排他的経済水域内に落下したと推定されると発表

ミサイルは3つ確認されていて、最も日本に近いところに落下したのは、青森県深浦町の久六島の西方およそ210キロの日本のEEZ

高度およそ4000キロに達して、53分間飛しょうしたあと、日本海のわが国のEEZ=排他的経済水域内に落下したと推定

ロフテッド軌道で発射され、ICBM=大陸間弾道ミサイル級のミサイルと推定される」と述べました。

ミサイルを発射する可能性を各国が事前に感知

米政府関係筋は北朝鮮は数日以内にミサイルを発射する可能性があるとの見方を示していた

韓国政府消息筋は「最近になり、北朝鮮のミサイル基地で動きが慌ただしくなっているのは事実」と語った。

政府が北朝鮮の弾道ミサイルの発射準備とみられる信号を感知し、警戒を強めていることが分かりました。

日本政府の対応…緊急参集チームを招集、警報及び各報告事項

総理大臣官邸に関係省庁の緊急参集チームのメンバーが招集され、官邸対策室では、情報の収集と警戒監視にあたっています。

国民に対して、迅速的確な情報提供を行うこと、航空機・船舶等の安全確認を徹底すること、不測の事態に備え、万全の態勢をとること、この3点について指示がありました。

政府高官によると発射されたのは2段階の大陸間弾道ミサイル(=ICBM)の可能性があるという

「午前3時18分ごろ、北朝鮮の西岸より弾道ミサイル発射され、1発が日本海のわが国のEEZ=排他的経済水域内に落下するものと見られる。詳細は確認中だ」と述べました。

たび重なる挑発は断じて容認できないとして、北朝鮮に厳重に抗議したことを明らかにしました。

午前4時11分ごろに日本海に着水の可能性があるとの情報を受けて、海上保安庁は午前3時25分に「航行警報」を出しました。

船舶に注意して航行するともに、落下物を見つけた場合には近寄らず、海上保安庁に通報するよう呼びかけています。

日本航空と全日空によりますと、これまでのところ、ミサイル発射による運航への影響はないということです。

1 2 3