1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

日馬富士が引退「相撲を愛している」経緯や決断に様々な声

日馬富士に関連した暴行事件で警察の捜査が大詰めを迎える中横綱・日馬富士が引退を表明…経緯や決断に様々な声

更新日: 2017年11月29日

13 お気に入り 81310 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

大相撲の日馬富士が貴ノ岩に暴行した責任を取って引退…これまでの経緯や各方面からの声を現状、わかっていることをまとめました。

日馬富士が問題の責任をとって現役を引退しました。

【決断】日馬富士、現役引退へ 日本相撲協会へきょう29日届け出 news.livedoor.com/article/detail… 貴ノ岩に暴行したことが明らかになり、その責任を取る。協会に引退を届け出た後、福岡市内で記者会見する見込みだ。 pic.twitter.com/ImfFwjWAJS

大相撲の横綱日馬富士(33)=伊勢ケ浜部屋=が29日午前、日本相撲協会に引退届を提出し、受理された。

平幕の貴ノ岩に暴行した問題の責任をとって29日、日本相撲協会に引退を届け出て現役を引退しました。

九州場所が開かれていた福岡市でも驚きの声があがった。横綱の不祥事に、擁護は少なく、好角家からは落胆の声も漏れる。

引退届までの経緯

秋巡業中の10月25日深夜から26日未明に鳥取市内での酒席で、同じモンゴル出身の平幕貴ノ岩(27)に暴力を振るい、けがを負わせた。

捜査関係者によると、貴ノ岩の態度に立腹し、平手やカラオケのリモコンでの殴打を認めていた。

貴乃花親方(元横綱)が危機管理委による弟子の貴ノ岩関聴取への協力要請を拒否して、調査が難航する面があった。

関係者によると、本人は当初、現役続行を望んだが、世間を大きく騒がせた点について、横綱という地位の重みを考慮。

日馬富士は処分を待たずに、問題の責任を取ってみずから引退の道を選びました。

芸能界及び関係者からのコメントも上がっています。

「当然だと思いますよ。これだけのことして刑事事件」と断じ「世間から見たら弱いモノいじめみたいなもんだよ。オレが劇団員を殴ったようなもの」

酒席に「周りにいたんだろ。白鵬だとかなんとかが。なんで止めなかったんだ。そうすりゃこんな事件にならなかった。それを黙って見ていたのが問題がある」と同席していた白鵬、鶴竜にも大きな問題がある

「最終的に引退になってしまうっていうのは、当然といえば当然」との見方を示した

「日馬富士よりもケガをされた貴ノ岩関がちゃんとケガを治して復帰できる方が大事だから、ここはしょうがない。暴行事件ならば致し方ない。自分がやったことですから」

「日馬富士関のファンとしては結果がまだ出ていないんだけど、引退するんだっていう気持ちが強いのでしょうね」とコメント

「土俵に上がる気力がなくなったっていうことなのでしょうね」と明かしていた。

「ただ、叩いたのは事実。その責任を横綱として取らないといけない。相撲を愛しているんですね。これだけ、あることないことではなく、ないことないことを書かれ、協会、相撲の信頼を失わせる迷惑をかけてはいけない、その一途な思いなんです」

「貴ノ岩さんと貴乃花さんが率直に真実を話していただければ、ここまでのことはなかったのではと思うと私は非常に残念です」

「自分もアスリートだった。今回のような問題で引退するのは無念だろう。反省して、何らかの形でスポーツ界に貢献してほしい」と述べた。

1 2