誰でもログイン可能に?Macの重大なバグが危険すぎる

最新のmacOSに、パスワードなしで誰でも簡単にログインできてしまう重大なバグが発見され、世界中で話題となっています。

更新日: 2017年11月29日

30 お気に入り 56654 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Macの最新OSに致命的な脆弱性が

Mac向けOS「macOS High Sierra」で、誰でもパスワードなしでMacの管理者アカウントにログインできるという脆弱性が発見

この不具合は、現時点で公開されている最新版のmacOS High Sierra 10.13.1と、開発者向けに公開されている10.13.2ベータで発生

これによりシステム変更される恐れが

他人が勝手に管理者アカウントでログインできてしまうだけでなく、システム環境設定など重要な設定を勝手に変更できる危険な不具合

管理者アカウントにアクセスできてしまえば、Macに新しいユーザーアカウントを追加することも可能であり、シンプルながらも強力な脆弱性といえる

これにより誰でもMacのファイルシステムにアクセスできるため、特定のコンピューターから個人用文書が流出する恐れがある

この事態をアップルは既に把握

【アップル担当者は…】
「この問題に対処するためにソフトウエアのアップデートに取り組んでいる」と説明

【対応策】
(1)アップル公式パッチを待つこと
(2)ゲストアカウントへのアクセスを無効にすること
(3)システム環境設定からルートパスワードを変更すること(※)

1