1. まとめトップ

多肉ツリーの作り方

クリスマスが近くなると挑戦したくなる多肉ツリー。ちまちま寄せはハマります!

更新日: 2017年12月02日

3 お気に入り 552 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

多肉ツリーを作ってみたくて、色々と調べているうちに自分なりにアレンジして作ってみました。

coztanikuさん

多肉ツリー作りに挑戦!!!

材料
⚫︎作りたい大きさに合わせた鉢
⚫︎ネルソル(固まる土)
⚫︎チキンネット
⚫︎苔
⚫︎アクアグルー(植物用接着剤)←無くてもOK
⚫︎寄せ植えしたい多肉植物

使う道具
⚫︎ピンセット

鉢は自分のお好みで。今回は陶器のミニ鉢を使いました。

多肉植物用の土でも代用出来ますが、今回はツリーなのでネルソルを使いました。

チキンネットは、ホームセンターや100均にも売ってます。

苔は、お花屋さんに売ってある場合もありますが、乾燥苔や水苔を使っても良いです。

アクアグルーは本来、フラワーアレンジ用に使う物らしいですが、リース作りなどにも使えるので持っていると便利。

まず、ネルソルと水を粘り気がでるまで混ぜ合わせます。

鉢にネルソルを入れていきます。

チキンネットに苔を敷いていきます。

苔を敷いた上にネルソルを平らに伸ばして敷いていきます。

ツリーの形になるように内側に曲げていきます。

ツリーの形になったら整えていきます。
チキンネットは、柔らかく曲げやすいのでやりやすいと思います。

中に敷き詰めていきます。この時、詰めながら形を整えると綺麗な形になります。

鉢に乗せて整えます。
鉢と土台との隙間が気になるようなら、隙間にネルソルを埋め込んで隙間を無くします。

鉢の大きさに合った多肉のカット苗を選ぶといいと思います。
今回、小さな鉢でのツリー作りなので、小さめの多肉をカットして使いました。
注意する点は、鉢の大きさが大きいほど、沢山の多肉を使うことになるので鉢選びも重要かなと思います。

ピンセットで穴を作って多肉を挿す位置を決めます。

多肉の茎にアクアグルーを塗って、先ほどピンセットで空けた穴に挿していきます。

アクアグルーを使って多肉を挿していく方が、仕上がりが安定しますがなくてもネルソルを使っているので大丈夫だと思います。
ポイントは、ツリーの下の部分にお大きめの多肉を、上の部分に小さめの多肉を使うと整った形になると思います。

カラフルな仕上がりになりました。
途中、手がプルプルしたり、姫秋麗の葉がポロポロ落ちたり、根気が必要でしたが出来上がった時の達成感と可愛らしさに感動しました!
ぜひぜひ挑戦してみてくださいね。

多肉ツリー

インスタグラムでも紹介していますので、よかったら覗いてみてくださいね。

1