1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

地上波だけじゃない‥動画配信系オリジナルドラマが目白押し

地上波の冬ドラマの新作に対抗するかのようにネット系オリジナルドラマの公開が話題…サスペンスからほっこり系まで

更新日: 2017年11月30日

15 お気に入り 25210 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

地上波では表現しにくいシーンや幅が広い設定が魅力のネット系オリジナルドラマに注目!

大谷亮平&本田翼がW主演「チェイス 第1章」

27年前に起きた5つの連続幼女殺人事件を追うフリージャーナリストと新米ADが直面した恐ろしい事実。

大谷亮平と本田翼のダブル主演で、時にコミカルに、時にシリアスに描かれていく同作品。

岸谷五朗、羽田美智子、田山涼成、かとうかず子、でんでん、嶋田久作、平田満といった演技派俳優陣が脇を固める。

・ドラマ「チェイス 第1章」の本ビジュアルと新しい予告編が公開

「チェイス 第1章」は、12月22日よりAmazonプライム・ビデオで見放題独占配信。初回のみ第1話、第2話が同時配信され、以降は毎週金曜日に新エピソードが更新される。

Abemaからもオリジナルドラマ「やれたかも委員会」

ロバート秋山が、来年2018年1月クールにAbemaTVで配信されるドラマ「やれたかも委員会~AbemaTVオリジナルドラマ~」で主演を務める。

秋山は、動画「クリエイターズ・ファイル」でトータル・ファッション・アドバイザーのYOKO FUCHIGAMIや、子役の上杉みちなど、さまざまなキャラクターを演じ分けている

漫画家・吉田貴司が、デジタルコンテンツ向けの配信プラットフォーム「cakes」や「note」に作品をアップしたことからSNSを中心に話題となり、ことし7月には書籍としても発売された人気連載漫画。

男性なら誰しもが1度は感じたことのある“あのとき、もしかしたら、あの子とやれていたかもしれない……”というエピソードを依頼者が持ち込み、3人の「やれたかも委員会」が“やれたかどうか”判定していく。

主演の秋山竜次は、「必ず誰もがあると思うんですよ『やれたんじゃないかな、あいつ』みたいな。それが直球に響く原作なので、漫画を見たことがない方もすっと入ってくるじゃないかなと思います。

やれたかも委員会実写化楽しみ!一時期むちゃくちゃハマってた。

まさかの(?)連続ドラマ化決定です! 主演(塾長)は、ロバートの秋山さんです。これは楽しみですね!

さらに「#声だけ天使」も話題

地上波ドラマ作品と並ぶ本格的な制作体制で、総製作費3億円以上をかけて臨む。

このドラマは劇作家、演出家、劇団扉座の座長で数々の舞台やドラマを手がける横内謙介のオリジナル脚本で構成される作品。

本作は、アニメの聖地、池袋を舞台に、声優に憧れ上京してきた主人公・ケンゾウと同じ志を持つ4人の仲間の、友情と純愛、挫折と希望を描く青春群像劇。

1 2