1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

期待しか出来ない!あの人気漫画作者の新作が続々と来てる!!

「SAMURAI DEEPER KYO」に「逃げるは恥だが役に立つ」,「7SEEDS」に「いぬやしき」…みなさんの胸に残り続ける漫画を生み出した作者さんが再び動き出した!早くもネットでは大反響のようです…期待しか出来ない作品についてまとめてみました。

更新日: 2017年12月01日

35 お気に入り 75994 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

熱い漫画を生み出した作者さんたちの新作に期待をこめてまとめてみました。

critical_phyさん

伝説の侍を描いた作者が動き出す…「小林少年と不逞の怪人」が面白すぎる!

週刊少年マガジンのレジェンド作品『SAMURAI DEEPER KYO』を生み出した上条明峰の最新作『小林少年と不逞の怪人』が、11月27日発売のヤングマガジンより連載スタート!!

江戸川乱歩の推理小説をモチーフにした大正ロマンミステリー。帝都を震撼させる残忍で冷酷無慈悲な大怪盗・怪人二十面相を追っていた少年探偵の小林は、とある喫茶店で謎めいた男を発見する。

読み切りとして掲載されてきた作品の連載化となる。今号では「『屋根裏の散歩者』編」と題し、探偵にして怪人二十面相の明智と少年探偵の小林が、とある女学園の寄宿舎で起きた事件に挑む。なお単行本1巻が現在発売中。

「逃げ恥」作者が原作を担当…新作のオムニバス漫画が早くも大反響!

“就職としての結婚”をテーマに、雇用関係として契約結婚をしたみくりと平匡を描くラブコメディ。

新垣結衣演じる森山みくりと、星野源演じる津崎平匡の「契約結婚」の顛末を描き、星野の主題歌“恋”と共に放送当時大きな話題を呼んだ。

ただのヒューマンドラマでもお仕事ドラマでもなく、「働くとは何か?」「労働として家事をする」といった斬新なテーマが主軸を引いているところも主婦層や社会人の心に大きく響いた要因のひとつだったことでしょう。

海野つなみが原作を務めるオムニバス新連載「その日世界は終わる」が、本日11月25日発売のKiss2018年1月号(講談社)にてスタートした。

ちょっとお祭りというか、フェスみたいな気持ちで、私も普段描けないような話を、作画担当の漫画家さんにも自分のイメージでのびのび描いていただいています。

“世界の終末”をテーマにしたオムニバス。初回となる今号には、栗原まもるが執筆する第1話「女神さまのよりしろ」と、ひうらさとるが執筆する第2話「Fly me to the moon」が掲載された。

本日発売Kiss1月号読了‼️ 海野つなみ先生原作シリーズ[その日世界は終わる]第1弾。栗原まもる先生&ひうらさとる先生。どっちも良かった。 Σb( `・ω・´)グッ ♪o((〃∇〃o))((o〃∇〃))o♪ pic.twitter.com/3TC35gVvnN

「7SEEDS」完結に泣いた人も多いはず…あの人気シリーズが新作として登場!

今年5月に大団円を迎えた『7SEEDS』は、人類滅亡前に冷凍保存され、未来に放たれた登場人物たちの過酷な冒険物語。絶望的な状況の中で、何度も危険な目に遭うが、同時に世界の美しさ、仲間の愛おしさに気づく。

陣営が入り乱れる田村由美先生ならではのストーリー展開と、感涙のエピソード!ハンカチ、もしくは高級なチリ紙を携えておけ!

35巻と長編ではあるものの、物語に無駄や寄り道は一切なく、あれだけの世界観の漫画がこんなに綺麗に終わるのかと驚くほどのまとまりの良さ。あなたが1巻を読み始めてしまったならば、その日の内に最終巻を読み進めている事でしょう。

田村由美の新シリーズ「ミステリと言う勿れ」の連載が、本日11月28日に月刊flowers2018年1月号(小学館)にて始動した。「ミステリと言う勿れ」は昨年、同誌に読み切りとして登場した作品。

待望のシリーズ化!そんなつもりは全然ないのに、なぜか物事の本質をあぶりだしてしまう謎の青年・久能 整がさまざまな事件を解決…!?

事件は解決するのですが、田村先生らしく、なんとなく後味が悪い・・・「彼女は誰を殺したか」みたいな感じです。

こんな感想も!

月刊フラワーズの読切「ミステリと言う勿れ」田村由美先生。え、これすごない?ページ数結構あるし、セリフも多いのにあっと言う間に読めた。面白!シリーズ化して欲しいわ。キャラも立ってるし、そのままドラマとか舞台にもできそう。

もう新作!?「いぬやしき」作者が描く新たな世界観が気になる!

イケメンでもない。美少女でもない。家庭では信頼も威厳もない。会社では出世もない。主人公は冴えない初老のサラリーマン。“ないない”ばかりの主人公。そう、彼が持つ真実を誰も知らない……。奥浩哉にしか描けない世界。誰も想像がつかない物語。

飼い犬のはな子の散歩中にUFOの墜落事故に巻き込まれて機械の体になってしまうも、その力を人々のために役立てることを決意した中年サラリーマン・犬屋敷壱郎と、同じ事故に巻き込まれ、獲得した強大な力を欲望のままに振るう高校生・獅子神皓の対決を描く。

2017年7月に連載が終了したばかりで、アニメ化に続いて2018年には実写映画が公開される。

1 2