1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大河ドラマの主演が鈴木亮平へ‥維新の立役者「西郷どん」が楽しみ

大河ドラマの主役がバトンタッチ…柴咲コウさんから鈴木亮平さんへ新たにスタートする「西郷どん」が楽しみ

更新日: 2017年11月30日

7 お気に入り 22611 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

大河ドラマの主演がバトンタッチ年明けは「西郷どん」

約1年間の撮影を振り返り、柴咲は「達成感と喜びと、少しの寂しさがあります。あっという間の1年でした。最終回まできっちり見届けたい」と充実の笑みを浮かべた。

井伊家は大河6年連続登場だったとは!! 2013「八重の桜」井伊直弼(榎木孝明) 2014「軍師官兵衛」井伊直政(東幹久) 2015「花燃ゆ」井伊直弼(高橋英樹) 2016「真田丸」井伊直孝隊 2017「おんな城主直虎」井伊直虎(… twitter.com/i/web/status/9…

「おんな城主 直虎」の柴咲コウさんがエール

「1年間撮影していく中で、“これだけは気をつけてきた”というものがあれば教えていただきたい」とアドバイスを求めた。

「1年間集中力が切れないように、予防策として狭いお部屋に引っ越しました。キッチンとかも充実していない感じにして(笑)、セリフを覚えて寝るだけの生活。そこからNHKに通ってたんです」と告白

さらに「セリフを覚えると脳が疲れるので、ジムに通って、体を動かしてバランスを取っていた」と話した。

鈴木亮平さんは「西郷どん」についておもしろいドラマに

「おもしろいドラマにしようとスタッフが一丸となって頑張っています。自分が演じる西郷隆盛は、よく笑い、よく泣いて、よく走るエネルギッシュな役柄で、見た人が元気になれると自信を持っています」

西郷どんは3話減全47回の予定

NHKと自社の働き方改革に言及する中、「来年の大河ドラマも本来の作品数より少なくして、その分、スペシャル番組が入ると聞く」と語った。

通常は全50話の大河ドラマが来年から3話減ることになる。3話分はドラマ関連の特別番組が放送されると思われる。

NHKは記者の過労死などをきっかけに、長時間労働などを見直す働き方改革に取り組んでいる。

「西郷どん」の見どころポイント

薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた西郷隆盛(小吉、吉之助)の愚直な姿にカリスマ薩摩藩主・島津斉彬が目を留め、西郷は斉彬の密命を担い、江戸へ京都へと奔走する。

勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、革命家へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく……という内容。

1 2