1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

再浮上も!かつて一世を風靡したあの芸人がツイッターで注目を浴びてた

ジョイマン高木をはじめ、Twitterでのつぶやきが話題となっている、かつて一世を風靡した芸人の方々をまとめてみました。

更新日: 2017年12月01日

13 お気に入り 53870 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

ラップ調で韻を踏みながら踊るネタで知られる、ジョイマン高木さん

[Power Push公開中] 「僕は確かにここに“いた”」ジョイマン高木特別寄稿&フォトギャラリー「ドキュメンタル」シーズン4特集、収録現場潜入レポートも natalie.mu/owarai/pp/docu… pic.twitter.com/eLWeBJEzfQ

ジョイマンとは、ボケ担当の高木晋哉とツッコミ担当の池谷和志の2003年に結成されたお笑いコンビ。

@AZY10 ナカマ~~~♪ アズマ~~~♪ どっちもユキエ~~~♪ ナナナナ~~~♪ナナナナ~~~♪ pic.twitter.com/O8qFUd0BhK

お笑いコンビ「ジョイマン」の高木晋哉さんのツイッターに注目が集まっている。

特に、ツイートに用いられている文学的な言葉づかいが特徴的で、ネットでは「詩的」など好意的な声が多くみられている。

「ジョイマン知ってる〜ていうお友達いるかな?」そう子供達に問いかけた後の沈黙が、数時間経った今でも耳に張り付いている。無愛想に通り過ぎていく木枯らしのざわめきすら、今の僕には優しく響く。温かな気配にふと足を止める。落ち葉を踏みしめながら進むヘラジカの群れが、冬の訪れを告げていた。

@joymanjoyman 高木さんの言葉の選び方というか、綴り方とても好きです

@joymanjoyman 詩的…!!高木さんのツイート、恥ずかしながら初めて目にしましたが、言葉選びのセンス最高です!

@joymanjoyman セカオザと雨上がりの宮迫ですがリツイートしましたで見ました なななな〜♪かなりの詩人 ワードチョイス最高〜♪お新香〜♪ フォローさせてもらいました♪

@joymanjoyman @ozwspw ヘラジカの群なんてロマンチック!ってか耳に張り付くほどの沈黙もロマンチックッッツ!!!

「チックショー!!」というネタで一世を風靡した

女性用の着物姿に白塗りの顔、目を見開いた「チックショー!!」というネタで一世を風靡したコウメ太夫さん。

コウメ太夫さんは現在、Twitterで「#まいにちチクショー」というハッシュタグを付け、毎日ネタツイートをしている。

おそらくハッシュタグ名を見たら察しがつくと思うが、ツイートの内容は当時のネタと同じような感じだ。

ワライタケを食べた患者に私のネタを見せたら~、 笑いが止まりました~。 チクショー!! #まいにちチクショー

名前を書くだけで入れる大学を受験してみたら~、 名前が書けませんでした~。 チクショー!! #まいにちチクショー

私の辞書にNOという言葉はないかと思ったら~、 私の頭の中に脳がありませんでした~。 チクショー!! #まいにちチクショー

コウメ太夫は身の回りで起きた“チクショー”な出来事を「まいにちチクショー」としてTwitterに投稿中。

この中から厳選されたフレーズをコウメ太夫の撮り下ろし写真と共に収録したのが「まいにちチクショー!!日めくりカレンダー」だ。

1 2