1. まとめトップ

これも時代だなぁ…『終了が発表』されたあのサービス

ADSL、ISDN、オーム社eBook Store、東風荘、TBSラジオのナイター中継。どれか一つは利用したことがあるのではないでしょうか?一時代を築いてきたサービス終了には寂しいものがあります。

更新日: 2017年12月01日

1 お気に入り 784 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

始まりがあれば終わりもあるものですね。一時代を築いて、自分もお世話になったあのサービスたちが終了を発表しています。

・ADSLのサービス終了が発表された

通常の電話回線で高速のインターネットを使えるサービスとして、17年前に始めた「ADSL」

山間部や離島などを除いて、2023年をめどにサービスを終了すると発表

2017年12月1日以降に「フレッツ・ADSL」から「フレッツ光」に移行するユーザーに対しては、「フレッツ光」の初期工事費等を無料にするとのこと。

・理由は利用者数の年々減少

NTTの「フレッツ・ADSL」は、同年7月からの「フレッツ・ISDN」とともに、それまでは従量制で低速だったインターネットを使い放題で高速なものに変えた。

多くの企業がサービスを展開して、契約者の数は平成18年3月末には1451万件に達し、一般の家庭にインターネットを普及させる大きな役割

しかし、より高速な光回線や携帯電話に押され、契約者の数はことし3月末には251万件と、ピーク時の2割以下に減少

ただ、光回線が利用できない地域の16万2千契約については引き続きサービスを提供する。

・時代だなぁ…思い出を語る人も

最初に自宅にADSLを引いた日の感動は忘れられない。まず自宅内にEthernetを引き回す時点で感動した。そこから。そこからなんだよ。最初はルータ噛まさずモデム直繋ぎ。そして繋いでみたら1Mbpsとか爆速出てヤバい。爆速だよ爆速。… twitter.com/i/web/status/9…

ADSLから光に変えた時はちっとも感動しなかったが、ダイヤルアップからADSLに変えた時は言葉で言い表せないほどの感動だった ・ダウンロードが速い ・ピーヒョロヒョロさせる必要がない ・電話代がかからない ・電話がかかってきても大丈夫

ニコニコのβ時代を知ってた人間なんだが、今のニコニコは使いにくいよ。 あの頃は短い動画ばかりだったから、遅いロードでも気にならなかったし、そもそもADSLも全盛だった。 今は15分を超える動画が増え、光の早さも活かせてない、前時代的だ。

その昔、NTTの営業窓口で働いていて、お客様が「ADSLにしたい」と来店し、初めて聞く謎のワードにみんなしてざわつき、上司が営業部の人を呼んだのを思い出した。出産で仕事は辞めたけど、その娘が16歳。ADSL導入から17年とは、時の流れを感じるな。

・電子書籍ストアの大手もサービス終了へ

コンピューター関連書などで知られ、DRMフリーでの電子書籍販売を行っていたオーム社の「オーム社eBook Store」が、2018年2月28日をもってサービスを終了

サービス終了に先立って1月31日に販売が終了し、再ダウンロードを含む全サービスが2月28日に終了する予定

同社は、サービス終了直前にはシステムへの高負荷が予想されるため、購入済みの書籍は早めにダウンロードすることを呼び掛けている。

オーム社eBook StoreさんはDRMなしPDFを売ってるのでサービスが突然終了してもユーザに優しいんだぞ。それはともかく終了しないでほしいんですが……

オーム社のeBook Store閉店を残念がっている人は、Kindleじゃなくてなるべく直販で出版社から買ってあげるようにしましょう。今からでも遅くないです。決裁が面倒とかデバイスに自分で入れるのが面倒とか言ってないで、直販が出版社の一番の利益になるんです

・あの麻雀ゲームも21年の歴史に幕をおろす

オンライン対戦型の麻雀ゲーム「東風荘」の公式サイトにて2日、同ゲームのサービスを2018年3月末をもって終了することが発表

1 2