1. まとめトップ

Twitter発。『そのストーリー、凄い…』ってなる呟きが面白い

フィクション、ノンフィクションに関わらず、人に"強烈なインパクト"を与える話を集めました。

更新日: 2017年12月02日

54 お気に入り 117157 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

justastarterさん

◆『時空を超えた愛』にまつわる話

古代中国で、刺繍の絵の女性に惚れ込みその絵のモデルを探し求めて数年の旅の末インドに辿りついた男が、その女性が数百年前に若くして亡くなったお姫様だと知り、彼女のお墓がある寺院で僧侶となって死ぬまでそのお姫様を弔い続けたという。 その男の『推しへの愛』は時間も次元も飛び越えたのだなぁ

@simteck そこまでの愛が僕にはあるかな? 自問自答です。素敵なお話ありがとうございます。

バズり始めたので少し補足説明。 この話はRPGに関するエッセイ本『RPG千夜一夜』にて30年程前に紹介されていたお話です。 文字数の関係で省きましたが、この刺繍の絵は古着屋に売っていた服の裏地に描かれていたものという事でした。 原典を色々探したのですが未だ見つけてません。

◆『そのストーリー、すごい…』ってなる男女のフィクション 【2選】

一年後の失明を宣告された画家の男、一年後の失聴を宣告された音楽家の女、絶望の底にいた二人が病院の待合室で出会う。残された時間を使い、彼らは自分の培ってきた技術を伝授しあう。いつしか、二人の未練は「彼女の笑顔をずっと見ていたかった」「彼の声をずっと聞いていたかった」に変わっていた。

恋に落ちてしまったアンドロイドと女の子、でも機械と人間の恋は成り立たないと思った二人、互いにこっそり改造手術を受け、アンドロイドは生身の体に、女の子は機械の体になり、「これで受け入れてもらえる!」とうきうきしながら再会、二人とも相手の体を見て大笑いし、異なる体のまま一緒になるお話

◆『お金持ちと庶民のカップル』の話

お金持ちの子が庶民の子に連れられてファーストフード食べて「こんな美味しいもの食べたことない!」ってなる話あんまり真実味がないと思ってるけど、お金持ちの子が後で家に取り寄せてひとりで食べたら全然美味しくなくって「あの子と一緒だったから美味しかったんだ」って気付くところまであると好き

@G_chocolat @murrhauser でも実際に、生前ダイアナ妃が結婚して少し経ったときにインタビューされて、「マクドナルドのハンバーガーが食べたいわ」と言ったのを覚えてます。

◆アラサー女性が登場する『小説』

アラサー女が不倫相手の奥さんが病死して彼を自分のものに出来る状況になった途端全く魅力を感じなくなり『不倫』に恋していたことに気付いて彼の元を去り、前から自分にアプローチしてきていた別の男を選んで幸せになろうと思ったらそいつにも彼女がいて結局一人ぼっちになる短編小説は最高だった

◆アラフォー女性が登場する『小説』

私の好きな小説の中で、若い女の子に自分の彼氏をとられたアラフォーの女性が友達に「もう私達は、肌のハリとか髪の毛の輝きとか、そんなものから離れた魅力を出さなきゃいけない年齢なのよ」って言われるシーンがあるんだけど、でもそれまで普通に持ってたものを捨てなきゃいけないなんて恐怖だよね。

◆『セブルス・スネイプ』にまつわるストーリー 【2選】

大好きだった、たった一人の理解者だった女の子を自分をいじめていた男に奪われ、その男を選んだ彼女を憎む事もせず、何十年経てどただ愛し続け、その男と愛した女の子供を守り続け、悪人だと指をさされ死んでいった健気で不器用で報われなかった天使のような男。セブルス・スネイプです。愛してる……

ハリーポッターの作者J.K.ローリングはシリーズでスネイプ先生を演じたアランリックマンに信用して原作本が発売される前にセブルス・スネイプがリリーを愛していた事やハリーに対する感情など全て教えていました。彼女はリックマンに完璧にスネ… twitter.com/i/web/status/9…

彼女はリックマンに完璧にスネイプを理解した上で演じて欲しかったそうです。

◆『マリリン・モンロー』にまつわるストーリー

1 2