1. まとめトップ

GoogleがiPhoneユーザの行動を監視していた…7万円の補償金をもらえる可能性も

GoogleがiPhoneユーザの行動を監視していた…Safariの”抜け穴”を利用しプライバシー問題を起こしたGoogleに訴訟。該当ユーザーには7万円の補償と大注目の訴訟が起きている。

更新日: 2017年12月01日

2 お気に入り 3618 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

blanchul96さん

英団体「You Owe Us」がプライバシー侵害でGoogleを訴訟

イギリスの団体「You Owe Us」がGoogleに対して1人あたり7万円の補償金を要求する訴訟を起こした

仮に訴えが認められれば、該当するiPhoneユーザーは500ポンド(約7万6000円)を受け取ることになる可能性がある

実際に補償が受けられる段階になれば、該当する時期にiPhone端末やApple IDを持っていたことを示す資料を提出することが必要となるそう

問題となった『行動履歴監視』とは・・・?

2011年6月から2012年2月の間、Safariの”抜け穴”を利用してGoogleは閲覧履歴をトラッキングしていた

Google以外に3社のオンライン広告企業がこの抜け穴を利用していたと、The Wall Street Journalは報じている

あるチームがSafariの”抜け穴”を利用していた一方で、Google Chromeチームはこの異常を修正するようAppleに促していたが、7カ月ほど放置されてしまっていた

Googleは、個人情報を集めていないことを強調しており、取材を受けた後すぐさま行動履歴監視の機能を停止した

問題の行動はiPhoneに対してだけではなかった

Microsoftも、IEBlogで「GoogleはIEでもプライバシ設定を迂回している」と非難していた

GoogleはGoogleのサービスを利用した情報は全て一元管理し、属性情報(名前、性別、年齢)、趣味、思考を収集し管理しており、非常に多くのデータを握っている

適した広告表示や、優れたサービスのためではあるが…

6年を経て補償を求める大きな訴訟に踏み出た

Are you an iPhone user? Google may have taken advantage of you in 2011 and 2012. Watch this video to find out wha… twitter.com/i/web/status/9…

今回Googleを訴える団体『Google You Owe Us』。固定されたツイートで、「あなたはiPhoneユーザーですか?Googleは2011年~2012念にあなたの情報を監視していた。以下の動画をみて情報を知ってください」と訴えている

今回の訴訟は、複数のiPhoneユーザーを代表する複雑訴訟形態と言う形の訴訟

540万人のiPhoneユーザーを代表して訴訟を起こしている

The VerbやBBC newsといった大きなメディアもこの訴訟を報じており、注目が高まっている

1