1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

天皇陛下の退位固まる「皇室会議」新元号GWに関心あつまる

天皇陛下の退位をめぐる皇室会議が開かれ4月30日退位、5月1日即位で固まる…これに伴っと国民からは新元号にGWに関心あつまる

更新日: 2017年12月01日

7 お気に入り 15329 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

天皇陛下の退位をめぐって皇室会議が開催されました。

天皇陛下の退位の日について話しあう皇室会議が、1日朝に開かれた。

(2019年)4月30日に退位され、皇太子さまが翌5月1日に即位されることが固まったことを明らかにしました。

皇室の重要事項を審議する皇室会議の開催は、皇太子夫妻の婚姻を決めた1993年1月19日以来で約25年ぶり。

会議は非公開で1時間あまり

首相が席上、退位日について皇族代表の2人や衆参正副議長、最高裁長官らから意見を聴取

「19年4月30日退位」とする案を示し、採決は行わず集約した。会議後、首相は天皇陛下に内奏し、その後、記者団の取材に応じた。

安倍総理大臣は「皇位の継承に向けて大きく前進」

「天皇陛下のご退位は約200年ぶりのことであり、憲政史上初めての事柄だ。本日、滞りなく皇室会議の意見が決定され、皇位の継承に向けて大きく前進したことに深い感慨を覚えている」と述べました。

天皇陛下の退位や皇太子さまの即位が「つつがなく行われるよう全力を尽くす」と語った。

陛下は昨年夏に退位を希望する意向を表明

今月末に84歳になる天皇は、高齢と健康上の理由で天皇としての公務を果たすことが難しくなったと、昨年夏に退位を希望する意向を表明していた。

天皇が高齢となった場合に国民の象徴としての公務を滞りなく遂行するにはどうするのが良いか、国民の理解を得たいと求める、異例のビデオメッセージが公表された。

なぜ退位の日は再来年の4月30日なのか?

「皇位の継承に伴う国民生活の影響、これを考慮しつつ、国民がこぞって天皇陛下のご退位と、皇太子殿下のご即位を言祝(ことほ)ぐにふさわしい日を選択をする必要があります」

当初、検討された来年末の退位については年末年始は行事が多いことや天皇陛下に再来年1月7日の在位満30年の節目を迎えていただきたいということから見送られた。

少し早いですがGW関する話題も

昭和から平成への「改元」の日は、「改元記念日」としてその年のみ祝日となった。2019年5月1日も「改元記念日」で祝日になる可能性が高い

皇太子さまが五月一日に新天皇として即位したあとは、憲法記念日(五月三日)、みどりの日(五月四日)、こどもの日(五月五日)と祝日が続く。

5月1日が新天皇の即位により祝日になったとすると、飛び石の休みのようにも見えるが、実は、祝日法は、国民の祝日に挟まれた間の日は、休日と定めている。そこで、4月30日と5月2日も休日になり、ゴールデンウイークが10連休になる可能性が指摘されている。

平成は31年で終わるのね。 昭和や明治に比べると短いけど大正や明治以前と比べると長かったんだなぁ笑 4月30日譲位なさって5月1日に新天皇即位となるとゴールデンウイークが凄いことになるなぁ!

天皇即位でGWが10連休になるって話題らしいけど、サービス業は最悪10連勤も当たり前になっちゃうんだよなぁ

今上天皇の退位により、2019年のGWはカレンダー法によって10連休。祝日を挟んだ平日は国民の休日とする……か。すさまじい……。

1 2