1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

広瀬すずから成田凌まで!『学校のカイダン』の生徒たちが大活躍な件

現在、好評放送中の朝ドラ「わろてんか」。脚本を担当する吉田智子は、広瀬すずの初主演ドラマ「学校のカイダン」も担当していた。同作をきっかけに広瀬すずが大ブレイクしたほか、成田凌・間宮祥太朗・白洲迅・石橋杏奈らが続く。特に、2018年1月期冬ドラマにはかつての生徒たちが、重要キャストで多数出演する。

更新日: 2017年12月13日

16 お気に入り 177553 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆好調続く朝ドラ『わろてんか』(脚本:吉田智子)

『わろてんか』(2017-2018)

脚本:吉田智子
出演:葵わかな、松坂桃李、濱田岳、高橋一生

11月30日に放送された女優・葵わかな(19)主演のNHK総合の朝の連続テレビ小説「わろてんか」(月~土曜・前8時)の第52話の平均視聴率が21.2%だった。

「わろてんか」は、京都の老舗薬種問屋の長女で、笑いをこよなく愛するヒロイン・藤岡てんが、大阪を日本一の笑いの都にしていく姿を描く一代記。

吉本興業の創業者で女性興行師でもある吉本せいさんをモデルに、人気脚本家の吉田智子さんが書き下ろすオリジナルストーリー。

◆その吉田のオリジナル脚本だった『学校のカイダン』

『学校のカイダン』(2015)

脚本:吉田智子
出演:広瀬すず、神木隆之介、生瀬勝久、浅野温子

周囲の顔色を伺いながら学校生活を送る冴えない女子高生・春菜ツバメ(広瀬)が若くして街で噂の“魔法使い”と呼ばれる伝説のスピーチライターと出会い、「腐った学校」を革命するための武器「言葉の力」を授けられる…というシンデレラストーリーをオリジナル脚本で展開する。

脚本家の吉田智子氏によると、広瀬は当時まだ実績が少なく知名度も低かったため、ゴールデンタイムの主役に起用するのは難しいとされていたという。しかし最終的にプロデューサーの思いが通じ、広瀬を抜擢するに至った。

◆その後、ブレイク&大活躍する生徒役の出演者たち

▼冬ドラマ『anone』など主演作品が次々決まる「広瀬すず」

広瀬すずが、2018年1月期放送の日本テレビ系新水曜ドラマ「anone」(仮題)で主演を務めることが決定。

広瀬が演じるのは、家族を失いネットカフェで暮らす少女。ある時、老齢の女(田中裕子)に出会ったことで女の家にかくまわれ、ある運命に巻き込まれていく。

NHKは20日、19年度前期の連続テレビ小説(月〜土曜前8・00)が「夏空」に決まり、ヒロインは女優の広瀬すず(19)が務めると発表した。

#広瀬すずラインライブ30回 #朝ドラヒロイン決定 #三度目の殺人助演女優賞 #たくさんおめでとう すずちゃん本当に凄いよ。 ちはやふる結び ラプラスの魔女 Sunny anone 朝ドラ 夏空 どんな表現をして広瀬すずが役に入り込むのかとても楽しみです☺︎

なるほどね。確かに朝ドラ始まったら掛け持ちなんてやってらんないし、スケジュールをおさえるために先手を打ったってことか。 てかあまりにも多忙すぎて、心配になるんだけど 広瀬すず NHK朝ドラ“超速発表”のウラ(東スポWeb) -… twitter.com/i/web/status/9…

・『学校のカイダン』では初主演とは思えない長セリフが評判に

名門の「私立明蘭学園高等学校」に特別採用枠で転入した春菜ツバメは、学校を牛耳るお金持ちの学生集団“プラチナ8”の策略で、生徒会長にさせられてしまう。

「毎回、最後に広瀬さん演じるツバメが学校を変えるためのスピーチをするのですが、その長セリフが評判になっています。」

「学校のカイダン」の広瀬すずのスピーチシーンは長セリフだから毎回凄いなぁと思う…

成功の遺伝史⑦ すずちゃんの成功の遺伝史 学校のカイダンのスピーチ感動したなー( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ ) 最終回の台詞20ページ以上だなんてすずちゃん凄すぎ!!!!! #広瀬すず #学校のカイダン #成功の遺伝史 pic.twitter.com/iOmycXCMJR

▼連ドラ4連投から来年の朝ドラ『わろてんか』まで決まった成田凌

『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season』(2017)

灰谷俊平 役:成田凌

昨年10月期放送の「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)から始まり「大貧乏」(フジテレビ系)、「人は見た目が100パーセント」(フジテレビ系)、そして「コード・ブルー」と連ドラ出演4連投の成田凌。

1 2 3