ラストの衣装は黒一色でシンプルな感じに見える。デザイナーが原作をベースに作り上げて、何度もフィッティングして、デザインだけでなくアクションしやすく完成させたという。

豊満な胸がより美しく見えるデザインで、松雪泰子ではないと表現できない妖艶な色気が、セリフや動作に現れる。男優たちは目のやり場に困ったという。

黒い爪を瞬時に伸ばして相手を残酷にも一突きで殺すシーンは息をのむ。背筋がゾクゾクする。それでも美しい。

ラストは異常に残忍な性格かと思えば、ストーリー展開を見ていくと、人造人間(ホムンクルス)とは思えない哀愁が漂っている。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

映画『鋼の…』★妖艶で哀しき超絶美女☆ホムンクルスのラスト役【松雪泰子】

2017年12月1日から公開された映画『鋼の錬金術師』実写版は、超ドな臨場感と迫力がある。キャストの中でも、人気のロイ・マスタングを演じたディーン・フジオカについてピックアップしてみた。

このまとめを見る