1. まとめトップ

山田涼介に竹内涼真も駆けつけた…東京コミコン2017が楽しそ〜!

東京コミックコンベンション2017が連日盛り上がりを見せている。アメリカンコミックや往年の映画ファン垂涎の展示物にゲストも来日。そして山田涼介や竹内涼真といったイケメンたちも会場に駆けつけていました。

更新日: 2017年12月02日

1 お気に入り 4964 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nyokikeさん

▼東京コミックコンベンション2017が開催され、盛り上がっています

マンガやアニメ、ゲーム、映画といったポップカルチャーの祭典「東京コミックコンベンション(Tokyo Comic Convention)2017」が1日、千葉県の幕張メッセ(Makuhari Messe)で開幕した。初開催の昨年に引き続き、今回もアメコミ界の重鎮たちが来日し、初日から多くのコスプレーヤーたちが集まった。

アメリカ・カルフォルニア州サンディエゴで1970年代に誕生した「コミコン」は、漫画や映画といったポップカルチャーに関する世界最大級のイベント。

▼”コミコン”2日目に「鋼の錬金術師」のコスプレコンテストが行われ山田涼介がサプライズ出演した

【イベントレポート】東京コミコンで「鋼の錬金術師」コスプレ大会、山田涼介のサプライズ登場も #東京コミコン #ハガレン natalie.mu/eiga/news/2592… pic.twitter.com/oDqffYvfJO

コンテストの結果、朴とのやり取りを見せたマスタングのコスプレイヤーがハガレン賞、精巧な作りで会場を驚かせたアルのコスプレイヤーがグランプリを獲得。本田が「今のお気持ちをお聞かせください」と優勝者に尋ねると、アルは「早くもとの体に戻りたいです……」と話し笑いを誘う。すかさず朴は「待ってろ! 取り戻してやっからな!」と呼びかけ会場を沸かせた。

なんと、グランプリのプレゼンターにエド役の山田涼介さんがサプライズ登場! 山田さん「皆さんクオリティすごいわぁー!すご…かわいい…かわ…アルだぁー!!」 .。oO( あまりの興奮に語彙力が下がる山田涼介さん… #ハガレン pic.twitter.com/XM5qsMufY4

続いて実写版「鋼の錬金術師」で主演を務めた山田涼介(Hey! Say! JUMP)がサプライズで登場し、賞品を手渡す場面も。グランプリのコスプレイヤーを前に山田は、「アル……」と感慨深げな表情を見せていた。

・1日目は竹内涼真が駆けつけていた

ポップカルチャーの祭典「東京コミックコンベンション2017」(略称:東京コミコン2017)が12月1日、千葉・幕張メッセで開幕し、名誉親善大使に任命されたアメコミ界の巨匠スタン・リー氏や、アップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏、竹内涼真ら多数のゲストが駆けつけた。

昨年に引き続き、名誉親善大使として「東京コミコン」に参加を果たした竹内は「スーパースターである方々の横に並ばさせていただき、本当に光栄です」と謝意を示した後、客席に向かって「皆さん、アメコミ盛り上げませんか?」と熱い言葉を投げかけていた。

・叶姉妹も姿を見せ、フォトジェニックでファビュラスな衣装を披露

叶姉妹が1日、千葉・幕張メッセで開催中の『東京コミコン2017』の『ニンジャバットマン』制作発表ステージに登壇。姉・恭子がこの日羽織っていた毛皮のコートの値段は、なんと8000万円。「鎧ですとか、お着物の打ち掛けのような感じ。時にバットマントにもなる」と説明する恭子に、「どちらかといえば(バットマンの宿敵)ジョーカーテイストですね」と妹・美香がやんわりツッコむ、安定の叶姉妹だった。

叶恭子さん&美香さんもワーナーブースにお越しいただきました❗️ファビュラス✨✨ #東京コミコン #コミコン #TokyoComicCon pic.twitter.com/AgjCcvz7AJ

特報映像を観て、恭子は「アートとしてもとても美しく楽しめました。いろんなキャラクターがたくさん出てきて、どうしてこうなっちゃうのかしら?というようなツッコミどころもたくさんありまして」と語ると、美香が「つんつんと話しかけてきて、質問攻めでした。そういうことは考えずに観るものなのよ、と思うのですが」と語っていると、中島氏は大爆笑。

脚本家の中島かずき氏

▼海外からもアメコミ関連の原作者や役者が華を添えた

#東京コミコン #ホットトイズ ブースにまさかのスタン・リー御大が突如登場!スターロード、スパイディのリアルサイズスタチューや、自身のフィギュアと写真を撮られていました。 pic.twitter.com/dek15rmSon

人気シリーズ「スター・トレック」でレナード・マッコイ役を務めたカール・アーバンさん

金ペンから黒ペンに代えて本にサインして貰えました。そして最後の笑顔は忘れない。ありがとうマッツ #コミコン #マッツ・ミケルセン pic.twitter.com/1hQddfbvh0

『しあわせな孤独』『アフター・ウェディング』『偽りなき者』といった母国デンマークの秀作映画で高い演技力を披露してきたほか、『007/カジノ・ロワイヤル』『ドクター・ストレンジ』『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』といった大作映画でも活躍しているマッツ。

『ハンニバル』のハンニバル・レクター役でおなじみのマッツ・ミケルセン

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」でヨンドゥ役を務めたマイケル・ルーカ―さん

アメリカに移住した日本人の両親を持ち、アメリカで生まれ育った福原だが、両親の帰省に同行して何度も日本を訪れていることから、「帰ってきた」という感覚もあるそう。

1 2 3