1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

スティーブン・キングから中村文則まで!1月公開の小説原作「実写化映画」5選

1月公開の小説原作の実写化映画5作品。柚木麻子の直木賞候補作「伊藤くん A to E」、芥川賞作家・中村文則のサスペンス「悪と仮面のルール」、英国ブッカー賞受賞小説を元にした「ベロニカとの記憶」、世界的なベストセラー小説を実写化「ルイの9番目の人生」、スティーブン・キング原作「ダーク・タワー」。

更新日: 2017年12月14日

28 お気に入り 38452 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

柚木麻子の直木賞候補作を廣木隆一監督が実写映画化

◆『伊藤くん A to E』(1月12日公開)

アラサーの元売れっ子脚本家・矢崎莉桜(木村文乃)は、自分の講演会に参加した4人の女性から受ける恋愛相談をネタにしようとする。

取材を進めるうちに、彼女たちを振り回す男「伊藤」が同一人物で、しかも莉桜が講師を務めるシナリオスクールの生徒の一人・伊藤誠二郎(岡田将生)であることに気付くが……。

柚木麻子の直木賞候補作を「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の廣木隆一監督が2017年放映のドラマ版と合わせ映像化。

容貌は優れているが自己愛の強い伊藤を「秘密 THE TOP SECRET」の岡田将生が、したたかな脚本家を「追憶」の木村文乃が演じ、欺瞞や欲望など人が持つ毒を描き出していく。

岡田扮するモンスター級に痛い男=“痛男”伊藤くんに振り回され女性たちを佐々木希(29)、志田未来(24)、池田エライザ(21)、夏帆(26)が演じ、それぞれ無様で残念な役に挑む。

伊藤くんAtoEが面白すぎて来年春の映画予告見るたびわくわくする

はよみてえ! "@rockinon_com: 岡田将生×木村文乃主演、androp主題歌の映画『伊藤くん A to E』予告映像を公開 rockinon.com/news/detail/16…"

@ito_kun_AtoE 予告編 主題歌もカッコよくて惹き付けられる内容で益々楽しみです✨最後気になるところで終わってもどかしいです 伊藤くんが着てる柄物注目してます~

芥川賞作家・中村文則の傑作サスペンスを玉木宏主演で映画化

◆『悪と仮面のルール』(1月13日公開)

[映画ニュース] “純粋悪”玉木宏が愛する者のために暗躍「悪と仮面のルール」予告編完成! eiga.com/l/bIBYc pic.twitter.com/3x7kzGNwH4

財閥・久喜家の当主である父に、純粋悪となることだけを望まれ育てられてきた少年・文宏は、ある日思いを寄せる久喜家の養女・香織が父に汚されようとしている現場を目撃。彼女を守るため父を殺害。

自分が次第に憎悪する父に似ていくことに気付き、香織の前から姿を消す。整形して新谷(玉木宏)という別人に成り済まし、香織をひそかに見守るが……。

芥川賞作家の中村文則による同名サスペンス小説を玉木宏主演で映画化。

愛する女性を守ることに自らの存在意義を見いだし、愛ゆえに罪を重ねていく主人公を玉木宏が熱演。

出演は、「僕らのごはんは明日で待ってる」の新木優子、「トモダチゲーム 劇場版」の吉沢亮、「野火」の中村達也、「アウトレイジ 最終章」の光石研、「東京喰種 トーキョーグール」の村井國夫、「武曲 MUKOKU」の柄本明。

先日 中村哲平監督の新作映画の 試写会に呼んで頂きました 悪と仮面のルールは 今1番 胸に響いてくる小説家 中村文則さんの原作でもあり 胸を弾ませて足を運びました 原作を読んでいる僕でさえも ハラハラさせられる映像の世界に たち… twitter.com/i/web/status/9…

先日、玉木宏さん主演「悪と仮面のルール」試写を観に行ってきました! かなり濃厚なダークヒーローもので、最後までドキドキして夢中に引き込まれました! ヒロインの新木優子ちゃんがめんこくて、スクリーンで観ると非常に眼福なのでぜひ。 ポ… twitter.com/i/web/status/9…

玉木宏さん主演、友人の中村文則さん原作の『悪と仮面のルール』、試写を観てきたよ。非常に特殊で複雑な人間関係も、映像で説明されると解りやすい。御手洗とは全然違う久喜文宏という男、玉木さんは非常に好演していたね。育ての親、葵さんが言う… twitter.com/i/web/status/9…

英国ブッカー賞受賞小説をリテーシュ・バトラが監督したミステリー

◆『ベロニカとの記憶』(1月20日公開)

J・ブロードベントが初恋相手のC・ランプリングと再会「ベロニカとの記憶」予告 natalie.mu/eiga/news/2572… pic.twitter.com/gZHR9LUZX5

60歳を過ぎ、ひとりきりで静かな引退生活を送るトニーの元に、ある日、見知らぬ弁護士から手紙が届く。あなたに日記を遺した女性がいると。その女性とは、40年前に別れた恋人ベロニカの母親だった。

1 2 3