1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

暴行の正当性に指導の境目はどこ‥あの人の持論に視聴者が反響

日馬富士の問題であの人たちが持論を展開…擁護派、否定派から様々な意見ネットから様々な反響が広がっています。

更新日: 2017年12月03日

12 お気に入り 32743 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

横綱・元日馬富士の引退に関して芸能界でも発言力が強い人たちが持論を展開…各放送の記事をまとめてみました

平幕貴ノ岩に暴行した問題で日馬富士を再聴取

暴行事件で2日、鳥取市内の同県警本部で再聴取された。県警は最終的な事実関係の確認を進めたもよう。

現場のラウンジに同席していた白鵬らの聴取内容と突き合わせ、事実関係に矛盾がないか最終確認し

早ければ今週にも傷害容疑で書類送検する方向で詰めの捜査を進めている。

捜査関係者によると「矛盾がないか調べている」

元横綱は11月17日の聴取で暴行の事実を認め、素手やカラオケのリモコンで殴ったなどと説明。

元横綱・日馬富士は「貴ノ岩に申し訳ないことをした」などと話したということです。

県警は、現場のラウンジに同席していた横綱・白鵬(宮城野)らの聴取内容と突き合わせ、矛盾がないか調べている。

今回の問題にあの人たちが持論…発言の内容をまとめてみました

・やくみつる氏「白鵬に一番非がある」

横綱・日馬富士引退について、やく氏が考える“物言い番付”を紹介した。

白鵬が九州場所優勝インタビューで観客を巻き込み万歳三唱をしたことや、11日目・嘉風戦に負けたあと立ち合い不成立を申し出て土俵の外に居座ったことは「明らかなルール違反」と指摘

やくみつるさんは「ウミとは白鵬、己が膿の溜まった腫れ物だろう」 木村太郎さんは「元凶は白鵬」 客観的、公平に見ていればお二人の意見の通り。メディアに出ていいる人の中ではまともで貴重な意見だけ少数派。

・野球評論家の張本勲氏は「貴ノ岩も引退するんじゃないか」

現役を引退した大相撲の元横綱日馬富士(33)について、「予想されたけどもう少し、幅を持たせてもらいたかった。1場所休ませるとか降格とか。

それでも本人がやめるというなら、やめさせてもよかった。どちらにせよ、暴行を加えると、一生を駄目にする

一方で暴力を振るわれた貴ノ岩には、「まさか横綱が引退するほどの問題になるとは、思っていなかったのではないか」と前置きした上で、「貴ノ岩も引退するんじゃないか。被害者だけど生意気な態度を取ると、こんなおとなしい私でも怒りますよ」と心配

▼ここからは意見が真っ二つに分かれます。

・松本人志さん「僕は日馬の味方」引退に納得できない

松本は「(日馬富士は)引退する必要はなかった」と強調。「なぜ相撲協会は受理したのか。(日馬富士の暴力の)根底にあるのは正義感だったと思う。

「引退する必要はなかったと思っています」と現役続行を望んでいた様子で、「なぜ相撲協会は受理したのか」と疑問を投げかけた。

「もちろん酒の場でものを使ってやりすぎたというのはあります」「人を張り倒して投げ倒す世界。その世界で土俵以外のところで一切暴力ダメというのは無理があると思う」

稽古と体罰はすごくグレーなところと指摘

1 2