1. まとめトップ

帝塚山大学の偏差値や倍率と評判は?合格最低点とボーダーラインやキャンパスの立地条件と就職支援について

帝塚山大学の偏差値や難易度はどれくらいか?倍率や学生の評判はどうなっているのか?合格最低点やセンター利用入試のボーダーラインは何割くらいか?キャンパスの立地条件や就職支援などの魅力についてまとめてみました。

更新日: 2017年12月08日

0 お気に入り 21 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

帝塚山大学の偏差値は?

文学部46~49
心理学部47~49
法学部43~45
経済経営学部43~45
現代生活学部45~49

※掲載している偏差値は、2017年度第3回ベネッセ・駿台マーク模試・11月のB判定値(合格可能性60%)の偏差値です。
※B判定値は、過去の入試結果等からベネッセが予想したものであり、各学校の教育内容、社会的地位を示すものではありません。

帝塚山大学は奈良県にある私立大学で、関西では知名度も高いと思います。関西では評判の大学だと思うのですが、偏差値はどれくらいでしょうか?帝塚山大学の偏差値は学部によって異なっていますが、結構それぞれの学部で近い数字になっています。したがって、どの学部を受けても難易度は変わらないかもしれません。人文社会と社会科学系の学部をバランスよくそろえている感じで、やはり関西では帝塚山大学の評判は良いと思いますけど、どれくらいの偏差値の大学なのか?というのも知っておいてほしいと思います。帝塚山大学に入りたい人は偏差値について知っておくと良いでしょう。帝塚山大学の偏差値を基準にすると、入りやすい学部みたいなのはあまりないです。強いて言うならば法学部と経済経営学部が入りやすい学部かな?という気もしますが、偏差値がそこまで変わるわけではないです。ちなみに経済経営学部は2018年度からの設置になるので、まだまだ歴史が浅い学部になります。経済経営学部を受ける人は評判とか、体験談などが分からない中で受けないといけないので、そこがちょっと難しいかもしれないです。帝塚山大学の偏差値はこういった感じですが、入りやすい学部はほぼないと思うので、受けたい学部を受けるという形で良いと思います。帝塚山大学の学部学科ごとの評判などを調べて、それぞれの学部学科の特徴を掴んで、どの学部が自分に合っているか?などを考えて受けると良いと思います。帝塚山大学の偏差値などを調べて、あとは大学についても調べていくと良いと思うのです。

帝塚山大学の就職支援や就職実績は?

学生の自己分析や学生生活での経験を自己PRに導く力、自分に合った企業選びのポイントの相談など、就職活動を行う学生へのサポートは、大学の重要な役割の一つです。本学では1999年に他大学に先駆けて「就職相談員制度」を導入。相談員には、企業で長年にわたり人事や採用、人材開発・教育などを手がけてきたスペシャリストを配置し、充実したバックアップ体制を取っています。

帝塚山大学の就職支援はどうなっているでしょうか?帝塚山大学では、他の大学では珍しい就職相談員制度を導入して、それが現在でも続いています。他にもこういった制度を後から導入したところは増えてきていると思いますけど、帝塚山大学の就職における評判の1つになると思うので、こういったところは特徴として覚えておいてほしいです。帝塚山大学の就職支援に関してはホームページにも詳しい内容が載っているので、そういったところを見ておいてほしいです。帝塚山大学の就職の評判はどんな感じか?についても調べておくと良いと思います。就職支援も重要ですけど、さらに重要なのは就職実績ではないでしょうか?帝塚山大学の就職実績はどうなっているのか?というと、就職率に関してはここ3年は90%台後半になっているので、非常に高い数字です。したがって、帝塚山大学の就職率は評価して良いのではないか?と思います。こうした高い就職率になっている理由は、やはり評判の良い就職支援も影響している可能性があるので、帝塚山大学に入りたい人にとっては、こういった部分というのはチェックしておいてほしいと思います。就職支援も重要ですけど、帝塚山大学がどういう就職実績を挙げているのか?というのも見ておいてほしいと思います。就職率もそうですし、就職先の企業についても載っているので、そういったところも含めて、トータルで帝塚山大学の就職実績について見ておいてほしいのです。帝塚山大学の就職に関する情報についても、受験生は集めていきましょう。

帝塚山大学の倍率はどれくらいか?

帝塚山大学の一般入試の倍率はどれくらいでしょうか?一般入試に関しては、入試方式がかなり幅広く、学部学科ごとに、入試方式ごとに倍率はちょっと違いますが、基本的にはほぼ1倍台となっています。2倍を超えるケースはあまり多くなく、全体的にはほぼ1倍台の倍率というのが帝塚山大学の過去の入試結果になっています。しかし、心理学部と現代生活学部に関してはちょっと例外ですね。この2つの学部の場合、特定の学科や入試方式において、少し高い倍率になっているケースもありますから。心理学部に関しては3倍前後くらいの倍率になるケースがあるので、他の学部と比べたらちょっと難易度が高くなります。そして、現代生活学部に関しては食物栄養学科だけに関しては倍率がちょっと高いです。4倍台、5倍台というケースも一部見受けられ、平均の倍率も高いので、この2つに関しては帝塚山大学の倍率の中でもちょっと特別な存在として認識しておいた方が良いと思います。帝塚山大学の偏差値といった情報も重要ですけど、倍率も入試の難易度に関係してくるものなので、過去の入試結果からちゃんと調べておくと良いと思います。帝塚山大学の偏差値はすでに話した通り、あまり差がないですけど、倍率に関しては学部学科ごとにちょっと差がある場合もあるので、帝塚山大学の倍率は細かくチェックをしていってほしいと思うのです。帝塚山大学に入りたい人はいろいろな情報をチェックしていくべきですが、特に倍率は重要な要素になるので、調べておくべきだと思います。ただ、倍率は今後も変動する可能性がありますから、そこは考慮しておいてほしいとは思いますけど。

帝塚山大学の合格最低点やボーダーラインは?

帝塚山大学の合格最低点に関しては、実は情報がないのです。帝塚山大学の合格最低点は恐らく非公開だと思いますから、調べても情報が出てこないので、合格最低点については分からないまま過去問などを解いていかないといけないのです。そこらへんはちょっと難しい状況になりますけど、他の受験生も同じなのでしょうがないかもしれません。赤本に載っている可能性もありますが、インターネットでは帝塚山大学の合格最低点の情報の掲載はなさそうなので、見つからないと思います。帝塚山大学に受かりたい人は合格最低点を調べても分からないと思いますが、1点でも多くの点数をとるようにしないといけないので、過去問をとにかくやりこむということを考えてほしいと思います。合格最低点に関してはこういった感じですが、帝塚山大学はセンター利用入試でも受験できます。帝塚山大学のセンター利用入試のボーダーラインはどうなっているのでしょうか?これに関しては、2教科と3教科がありますが、多くの学部では40~50%強くらいとなっています。しかし、心理学部と現代生活学部に関しては6割以上必要なケースがあるのです。主に2教科になりますけど、この2つの学部はセンター利用入試のボーダーラインが高い場合があるので、そこはちょっと知っておいてほしいです。帝塚山大学の難易度に関しては心理学部と現代生活学部に関してはちょっと高いと言える可能性があるのです。特にセンター利用入試を受ける人は、帝塚山大学のボーダーラインが何割か?というのはちゃんと調べておかないといけないので、リンク先のセンター試験の得点率のページを見ておきましょう。あとは帝塚山大学のセンター利用入試の受験科目をチェックしておきましょう。一般入試とは受験科目が違う可能性があるので、特に2教科の方はチェックしないといけないと思います。帝塚山大学のセンター利用入試のボーダーラインは何割か?というのを見ておくことも重要ですが、そういったところも同時に見ておかないといけないのです。

帝塚山大学のキャンパスの立地条件の評判は?

周辺は山しかないので、通学のつまらなさはあるとは思いますが、近隣の駅周辺にはカフェやおいしいラーメン屋さんがあるので、そこまで行けば友達と放課後や空き時間楽しめると思います。

電車が普通と準急しかとまらないため学前か生駒で乗り換えをしないといけないです。また、最寄り駅から徒歩だと遠いためバスに乗るひとが多いです。バスは、大学内にバス券を帰るところがあるので、そこで購入すると普通に乗るよりは、少し安く乗ることができます。

学園前駅からすぐそこ!と言っていいぐらいとても便利な場所です。
学校の近くには飲食店もあったり、カフェもあったり空き時間も有意義に過ごせます。

通学のしやすさは全国一と思うほど、駅前です。改札から大学が見えるほどです。近鉄学園前駅徒歩1分です。
周辺環境は、学園前が高級住宅街ということもあり、便利ですが品もよくとても良い環境です。

帝塚山大学のキャンパスは学部によって異なり、文学部、法学部、経済経営学部は東生駒キャンパス、心理学部、現代生活学部が学園前キャンパスになっています。したがって、学部によって就学するキャンパスが違うという点は特徴的なので、帝塚山大学に受かりたい人はそこはまず知っておかないといけないのです。そのうえでそれぞれのキャンパスの立地条件の魅力などについて調べておく必要があるでしょう。帝塚山大学のキャンパスの立地条件については、学生の口コミを載せてみましたから、そこからキャンパスの評判を知るというのも重要です。帝塚山大学のキャンパスの評判はこういった学生の声を見てみると良いと思います。上2つが東生駒キャンパス、下2つが学園前キャンパスになります。ここに載せた帝塚山大学のキャンパスの口コミは一部なので、自分でも調べてもらうと良いと思いますし、あとはオープンキャンパスなどを通じて自分でも帝塚山大学のキャンパスの立地条件や周辺環境などについて調べておきましょう。帝塚山大学のキャンパスの評判は本当に重要なので、受験する前に確実にチェックしておいてほしいと思います。帝塚山大学に受かりたい人は大学の魅力についていろいろな角度からチェックをしてほしいのですが、帝塚山大学の学生の口コミを見ると、実際に通っている人の生の感想を知ることができるので、おすすめです。あとはホームページなども充実しているので、それぞれの学部学科の特徴などについても調べることができます。帝塚山大学に受かりたい人はどの学部学科を受けるか?決めるときにこういった情報は使えるので知っておいてほしいと思います。

1