1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大本命が早くも脱落…大谷獲得を熱望するメジャー球団のアピールが凄い

ポスティングシステムを利用してメジャー移籍を進めている大谷翔平(おおたに しょうへい)選手。大本命と見られたヤンキースが早くも脱落するなど予想不能の事態に。そんな大谷を口説こうとする各球団の力の入り方が凄かった。

更新日: 2017年12月04日

6 お気に入り 16539 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2017年のオフの大注目である大谷翔平選手の移籍。大本命がまさかの早期リタイヤで更に混迷…

nyokikeさん

▼大谷争奪戦の大本命と思われたヤンキースが脱落した

MLB公式サイトでヤンキース番を務めるブライアン・ホック記者は、自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニの代理人はヤンキースに、面談に招待されるチームに含まれていないことを伝えた。

地元紙「ニューヨーク・ポスト」もヤンキースの“脱落”をレポート。「ショウヘイ・オオタニはブライアン・キャッシュマンに、ヤンキースとはサインしないと告げた。キャッシュマンはこのニュースに『失望している』と話した。オオタニは西海岸のより予算の小さいチームを好んでいる」としている。

・ベーブ・ルースの球団として和製ベーブ・ルース獲得に熱心だったヤンキース

田中将大投手が所属するヤンキースはレンジャーズに次ぐ350万ドル(約4億円)の海外選手契約金を有し、先発ローテーションと指名打者の枠を空けるなど、大谷の二刀流実現に向けて準備を進めていた。ほとんどの米メディアが移籍先の最有力候補に挙げていた。

毎年恒例のクリスマスツリーの点灯式イベントに、ブライアン・キャッシュマンGM(50)が登場。22階建てビルの屋上からロープでぶら下がり、地元テレビ局FOX5のカメラに向かって「ニューヨークは待っていた。ここは偉大な選手がプレーする舞台。ビルの頂上から声を大にして言いたい。関心を抱いている」と争奪戦参戦を宣言した。

恒例のチャリティーの一貫でのコメント

・レッドソックスなども脱落

週明けの4日(同5日)以降にも、米ロサンゼルス近郊で直接面談が行われる予定だが、米国人記者のツイッターによると、ヤンキースの他にツインズ、レッドソックス、アスレチックスなどの球団も候補球団から外れた模様。

米記者のツイッターなどを総合すると、大谷側から契約意思がないことを伝えられたのは、ニューヨークを本拠地とするヤンキースとメッツ、ボストン・レッドソックス、トロント・ブルージェイズ、ワシントン・ナショナルズ、タンパ・レイズの両リーグの東地区に属するほぼ全球団のほか、ピッツバーグ・パイレーツ、ミネソタ・ツインズ、シカゴ・ホワイトソックス、セントルイス・カージナルス、ミルウォーキー・ブルワーズ、アリゾナ・ダイヤモンドバックス、オークランド・アスレチックスだという。

一方で、マリナーズ、ジャイアンツなどは、直接面談のできる球団として残ったとされている。

▼伝統あるヤンキースが脱落したことがTwitterで話題に

大谷、ヤンキースとの契約意思なし asahi.com/articles/ASKD4… へぇー、有力なのかと思っていた。 意中の球団ありそうだな。

ヤンキース大谷から撤退かよ…大谷行くならヤンキースに行って欲しかったのに…

大谷、ヤンキースを拒否か…これから強くなるチームだから良さそうなんだけどな。二刀流に消極的なチームは無理か。ということはナ・リーグになるのかな。

二刀流メジャーでもやることにすごく肯定的なドジャースでまた新しい伝説築いてほしいな!!にしてもNYヤンキース相当入って欲しかっただろうなぁ…お金で揺るがない大谷くん、やっぱかっこいいやぁ。 twitter.com/mlb/status/937…

ヤンキース、大谷争奪戦脱落か ドジャース、マリナーズ、カブス、ジャイアンツ辺りかな?

どうも最終候補に残ってるとされる球団をみるといずれも西海岸のチームですね 大谷は西海岸希望か=ヤンキースGM明かす-米大リーグ:時事ドットコム jiji.com/jc/article?k=2…

“大本命”ヤンキースなどが大谷争奪戦から脱落 ジャイアンツ、マリナーズ、パドレスは残る(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-… もうドジャースの投手陣を日本人で固めてみてほしいわ

▼大谷の代理人ネズ・バレロ氏が各球団にPR文書を要望していた

バレロ氏の質問は約10項目。大谷の打者と投手両方の評価、育成部門と医療部門の説明、マイナーとキャンプの施設に加え、本拠地に大谷がなじむために用意されている環境や、どう起用し、どう球団にフィットさせるかの具体的な展望、球団が大谷にとって理想的だと考える理由などについて回答を求めている。

大リーグ公式サイトは「日本のスターが、ぴったりの所属先を決めるため全チームに質問状を送付」と報じ、ニューヨーク・ポスト電子版は「大谷のユニークな就活には、30球団へのクイズが含まれていた」と伝えた。米ヤフースポーツは「ユニークな状況下でのユニークな要求だが、ユニークな才能を持っているからこそ理解できる」との解釈を示した。

▼候補に残っていると予想される球団は大谷獲得に

・マリナーズGMはもちろん現役選手の動員も辞さない

マリナーズは岩隈久志と来季契約(マイナー)を交わしている。

マリナーズのジェリー・ディポトGMは今年、札幌ドームで大谷のプレーを直接視察しているが、「もし機会があるのならば、我々はあらゆる手を尽くすつもりだ」と語っていた。大谷との直接交渉で、クラブレジェンドのケン・グリフィー・ジュニア氏を同席させる計画はすでに報じられているが、マリナーズ首脳は複数の現役選手の動員をかけているというのだ。

・ドジャーズは所属選手で二刀流を既にテストしている

今季、アイブナー外野手を二刀流にしようと投球練習をさせ、土壌作りをしていた。フリードマン編成本部長は11月の会見で、チームに二刀流選手を置くことに前向きであることを示唆。先発ローテを柔軟に回しているため、起用法にも融通が利く。

1 2