1. まとめトップ

【ひふみん】ってどんな人?今年の「ユーモア大賞」・漢字1字は「飛車の『飛』

1日に発表された流行語大賞では、愛称の「ひふみん」がトップ10入りしました。うな重と板チョコが好物のこの“新人タレントを、蛭子さんが “キャラ似”とライバル視しています。

更新日: 2017年12月07日

0 お気に入り 1531 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

①「ひふみん」は6月に現役引退後は、タレントとしてメディア出演が増えました。
②11月2日には、胆石性急性胆のう炎で緊急手術を受けるなど、体調面を心配する声もありましが「(手術後に)精密検査もしてもらい、健康面は問題ないです。
④バラエティー番組への出演は約5年前から行っているが、「新人だけれども中堅タレントです」と笑いを誘いました

【今年のひふみん】

ユーモアで明るい話題を提供した人に贈られる「第46回ゆうもあ大賞」

6月の現役引退後、芸能界入り。独特のかわいらしいキャラクターでブレイク・・

ひふみん愛くるしさと勝負師のギャップが人気の秘密

お悩み解決!ひふみんの金言」でもおなじみのひふみんです・・

ひふみん お気に入り“哲学”は「一番幸せな瞬間これから」

棋士としての「勝負哲学」とカトリック信仰で学んだ「人生哲学」・・

検索データで見る流行語大賞ノミネート有名人ランキング

将棋棋士の新星「藤井聡太」と「加藤一二三」

「将棋界のレジェンド」と言われた現役最年長棋士の加藤一二三は第30期竜王戦で高野智史四段に敗れて引退。加藤一二三の場合は伝説的な経歴と、彼自身が若い世代に何を伝えたいと考えているのかについて注目が集まったようです

加藤一二三、今年の漢字は飛車の「飛」飛躍の1年

都内で日めくりカレンダー「よろこんでいきる まいにちひふみん」・・

今年を振り返り、漢字一字には「飛車の『飛』です。途端に芸能人になって、これからも飛躍が希望できると思う」。

加藤一二三「うれしい」愛称ひふみんが流行語入り

今年を振り返る漢字1字には「飛車の『飛』です

1日に発表された流行語大賞では、愛称の「ひふみん」がトップ10入りしたが「素朴にうれしかった。手術を担当した外科医も(入るんじゃないかと)期待してくれていました」と明かした

ひふみん、修造に並んだ!日めくりカレンダー発売

カレンダーには、77年間で培った人生観やクリスチャンとしての考え方を背景にした31の人生訓が各日1つずつ記されている

【蛭子さん】がライバル視

蛭子さんがライバル視 “キャラ似”ひふみんがTV界で接近中

引退後、ワタナベエンターテインメントに所属してタレント活動をスタートさせた

①うな重と板チョコが好物のこの“新人タレント”をライバル視しているのが、ベテラン漫画家で俳優の蛭子能収(70)
②蛭子さんは『今のオレにとってただ者ではない相手が将棋界の加藤一二三さんです』と告白し
③出身こそ同じ九州(加藤は福岡県、蛭子は長崎県)だが、年齢は喜寿と古希だし、経歴は熟練の勝負師(元棋士)と、漫画家&俳優だ

【ひふみん】の経歴

現役最年長の加藤一二三 九段 「将棋指すごとに精神活性化」

古希を過ぎて出演したバラエティー番組をきっかけにブレーク

①「加藤一二三九段」よりも「ひふみん」と呼ばれる機会が増えた
②にこやかに現れるや、口を開けば機関銃トークが炸裂。息も切らさず話し続ける。
③通算対局数は歴代1位の2461。不戦敗は一度もない。

①6月30日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で会見。昨年12月に対戦した藤井四段について、「戦い上手で、先輩に対する気遣いがある。秀才型の天才で欠点が一つもない。素晴らしい後継者を得た」と絶賛した。
②自身は同月23日付で仙台白百合女子大の客員教授に。「棋士として培った人生観を女子学生に伝えていきたい」と笑顔で話した。

加藤一二三九段の功績を考え十段の新段位を創設すべきだ

加藤一二三・九段(77)は6月20日に竜王戦の対局で敗れ、規定によって現役引退が決まった

①加藤は1960年に最年少記録の20歳で名人戦の挑戦者になり、第1局で大山康晴名人に勝った
②加藤九段が中原名人に挑戦した82年の名人戦は、千日手・持将棋の引き分けを含めて決着まで10局を要する、将棋史に残る壮絶な激闘を繰り広げた
③加藤は膝をついて立ち上がって《ヒャー》と声をあげ、局室から10メートルほど離れた控室に加藤の「ウヒョー」という奇声が聞こえてきた。

【勝負師たちの系譜】タイトル独占、一強時代築いた大山康晴名人 対局中「元気がないんじゃない」と相手を気づかう余裕まで

加藤は十段を奪ったが、その度に翌年すぐ、取り返されている

加藤一二三

戦前生まれの名人経験者最後の存命者である。「1分将棋の神様」・「神武以来(じんむこのかた)の天才」[注釈 1] の異名を持つ

1