1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

許せない…日本で開発された農産物が「海外で無断栽培」されてた

日本で費用を掛けて開発した農産物が海外で無断栽培されるという事態が相次いでいます。

更新日: 2017年12月05日

31 お気に入り 141434 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

農林水産省の発表です。

■日本産の農産物は優れている

近年、健康的であるなどのイメージやおいしさ、見た目の美しさ等の理由から日本食が世界的なブームとなっている。

アジア諸国の所得向上で、価格は高くてもおいしい食材を求める傾向が強まり、高級食材としての日本の農産物の需要が拡大している

日本の農作物の大きな特徴は、味の良さ、高品質、安全です。これらは利益追求型の外国の農業には果たし得ない成果

■この素晴らしい日本の農産物が海外にて無断で栽培されている

品種流出の深刻さが浮き彫りになったのは、農水省所管の研究機関が開発した種なしブドウの「シャインマスカット」が中国で無断栽培されていたことだ。

中国政府への品種の登録はしておらず、出願できる期間も過ぎていた。農水省は苗の販売業者に差し止め請求といった、有効な手立てを打てなかった。

日本のイチゴ品種が韓国へ流出して無断栽培されたために輸出機会を奪われ、生産者らが五年間で最大二百二十億円の損失を被ったとの推計を農林水産省がまとめた。

韓国では、県が開発した「とちおとめ」や個人開発の「章姫」「レッドパール」などを勝手に交配したイチゴが全栽培面積の九割以上を占め、アジア諸国への輸出も活発だ。

品種登録できていれば品種開発者が得られていたロイヤルティー(許諾料)は年間16億円にのぼると推計。韓国には品種登録制度はあるが2012年までイチゴは保護対象になっておらず、日本側が品種登録できなかった。

品種登録していれば、栽培の差し止めや農産物の廃棄を求めることができるが、登録していないため、こうした対抗策が取れないということです。

東京新聞:農産物日本品種の海外登録支援 ブランド保護、無断流出防ぐ:経済(TOKYO Web) tokyo-np.co.jp/s/article/2016… これはちゃんと流出を食い止めるか、代金を貰わないと研究者がかわいそうだわ。

農研機構理事「今後対策を講じたい」 ふざけんなぼけが。 シャインマスカットが中国に流れるとかありえないだろ。

シャインマスカットも中国にパクられてやられ放題。 技術や品種を守るような法律を作ってくれないもんかな。 モリカケとかやってる場合じゃないだろ。

韓国にはイチゴ、オージーは和牛で中国にはコレかぁ 【悲報】高級品種「シャインマスカット」中国人に苗木を持ち出され中国各地で無許可栽培広がる : ふぇー速 fesoku.net/archives/90155…

イチゴ、シャインマスカット、そのうちガンガン輸出して起源は韓国だの中国だの言い、何かしらのいちゃもんをつけ金を要求するのではないかと心配だ

■これら無断栽培に対抗するため、海外での品種登録を進めている

政府は農産物の輸出力強化に向け、日本で新しい品種を開発した自治体や農家などに対し、海外での品種登録を支援している。

海外への流出防止を実効的に行うには、品種が開発されてから速やかに無断栽培などが行われる可能性の大きい国、主な輸出先国の双方で登録することが重要。

農水省は一六年度第二次補正予算から出願経費の補助事業を盛り込んだほか、国別の手引書を作り、対応を呼び掛けている。

■更に、アジア各国の法整備に動き出している

日本の農林水産省は、東アジア地域の植物品種保護制度の整備・充実を目的としたアセアン10か国+日中韓の13か国から成る「東アジア植物品種保護フォーラム」を設立した

ASEAN諸国の植物品種保護を担当する高官を日本に招へいし植物品種保護に関する取組の視察等を行うなどの、アジア各国における制度整備に向けた働きかけを実施している

地域の風土や伝統が育んだ産品の名称を品質基準とともに国が登録し、知的財産として保護する「地理的表示(GI)保護制度」が始まり、約2年半が過ぎた。

1 2