1. まとめトップ

偉大なる陰謀(5)~進み続けるマイクロチップ計画

日本人でも体にマイクロチップを埋め込んでアップグレードをした人は何人もいますが、世界中でマイクロチップを埋め込む人の数は急激に増え続けています。入れてみたいな、そんな気もしてしまうマイクロチップについて、メリットやデメリットをご紹介しています。

更新日: 2017年12月09日

1 お気に入り 21777 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

テレビの都市伝説が大好きな私。関さんが入れたマイクロチップにも興味があり、もしかしたら入れることでメリットを得られるのではないか、なんて真剣に考えている今日この頃です。

Happycheeseさん

体にマイクロチップを入れる人が増えている

マイクロチップを入れるインプラント・パーティがあちこちで開催されていて、大人気なのだそうです。

人間の体内にマイクロチップを埋め込み、社員証のように活用したり、鍵やクレジットカード、Suicaのような交通機関の支払いに活用したりされている

手をかざすだけで携帯電話のロック解除や、オフィスへの入室が可能に。まるで映画の一場面みたい。

オバマケアでもマイクロチップを推奨。
「FRID」というチップを埋め込む模様です。

アメリカ人の約3人に1人が知らない間に体内にFRIDを埋め込まれていたのです。多くの場合、FRIDが歯の治療を受けた時に埋め込まれたことが分かりました。

本人が知らないうちに、歯科治療の時に埋め込まれている?

マイクロチップで何ができるのか、知りたくない?

鍵を使わなくてもマイクロチップをかざすだけで開閉できます。
もう鍵をなくす心配がありません。

支払いは銀行口座やカードにリンクしているマイクロチップで。
現金もカードも持ち歩く必要なし。

子供の迷子の心配、老人の俳諧など、マイクロチップが入っていれば今すぐに誰がどこにいるのかを把握できます。

俳諧中の両親を地図で見つけ、「あの公園にいるのね、仕方ないわね」と迎えに行けば良いのです。

輸血の時の必要な血液型、
患者さんの氏名や住所、連絡先などが、本人が離せない状態でもさっと分かります。

で、気になるデメリットは?

デジタル管理される個人情報だからこそ、本人が知らない場所で書き換えられていたり、知らない間に流出して悪用されるリスクがあります。

誰がどこにいるのかを完全に把握されてしまうと、もう何があっても逃げ隠れできません。
「逃亡者を捜索中」はこの世ならなくなりますね。だってすぐに画面で見つけられるでしょうから。

安全だと思っていた体内で保管していたデータが消失したら?
もうあなたは自分が誰かもわからない

世界中すべての機関がマイクロチップ対応になれば便利ですが、対応していないところでは当然、使うことはできません。

日本でマイクロチップ人気に火をつけたのはこの人

1 2