1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

2019年GW政府「10連休」検討プラチナウィークに様々な反響

天皇陛下の退位が固まり政府が「10連休」を検討2019年はゴールデンウイークが10連休になる可能性が指摘されています。

更新日: 2017年12月06日

32 お気に入り 91482 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

政府が「10連休」を検討2019年の皇太子さま即位時

天皇陛下の退位をめぐって皇室会議で意見集約がなされ、陛下が再来年(2019年)4月30日に退位され、皇太子さまが翌5月1日に即位されることが固まりました。

政府は皇太子さまが即位され、改元が行われる19年5月1日を臨時の祝日か休日とする方向だ。

2日を祝日にした場合は10連休となる

2019年のカレンダーを見てみると、仮に、5月1日が新天皇の即位により祝日になったとすると、飛び石の休みのようにも見えるが

祝日にした場合は、祝日法に基づいて前後の平日も休日にできるため、4月27日から5月6日までの10連休となる。

祝日と休日は法制度上異なっており、祝日は祝日法で「前日及び翌日が祝日である日は休日とする」と定められている。

4月30日と5月2日も休日になり、ゴールデンウイークが10連休になる可能性が指摘されている。

国民生活への影響メリット・デメリット

官民の業務量が少ない休みに改元すれば、元号を使ったコンピューターシステムの変更などによる混乱も避けられる見通しだ。

「平成32年の誕生日まで有効」と記されているケースもあるが、効力に問題はない。ただし、注意すべきは有効期限の間違いだ。

元号が平成になった時は有効期限を勘違いして更新手続きを忘れる“うっかりドライバー”が全国で続出した。

カレンダー業者はやきもき

カレンダー出版大手の「新日本カレンダー」では年間3000万冊のカレンダーを製造・販売していて、再来年用のカレンダーの印刷は遅くとも来年1月末までに始める必要があるということです。

現在の天皇誕生日の12月23日が「平成の日」になるのか、「上皇誕生日」になるのか、または平日になるのか。それによって祝日を示す赤色にするか、通常の黒色にするかが分からないため、印刷できないでいる。

「いつどこで即位されるかによって、ツアーを組むために予約するホテルや交通手段を変えなくてはならない」との懸念を示す旅行会社もあった。

Twitterでは、この10連休の報道に様々な声

びっくり! ゴールデンウィークも十分大型連休なのに もしこれ祝日変わったら10連休ってもうプラチナウィークぐらいなんじゃね笑

GWが10連休になるなら GW(ゴールデンウィーク)じゃなくて PW(プラチナウィーク)だな

再来年のゴールデンウィーク10連休。 5月2日も休み?と思ったら、「祝日と祝日に挟まれた平日は休日になる」ってヤツか…。

再来年のGWの10連休、システム関係の会社で働く人は新元号対応でまともに休めなさそう≦ ´Д`≧

10連休とか作られても仕事上無関係なんだよね~

10連休休めるならいいけどなぁ しかし休んだら休んだで何かと金がいりそう

1 2