1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

家族再生のドラマから鉄オタコメディまで!「ローカル線」映画5選

近年、ローカル線鉄道に注目した映画が増えている。その中から、一畑電車「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」、阪急今津線「阪急電車 片道15分の奇跡」、九州の鉄道「僕達急行 A列車で行こう」、銚子電鉄「トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡」、肥薩おれんじ鉄道「かぞくいろ」の5作品。

更新日: 2017年12月11日

11 お気に入り 6222 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

島根県の一畑電車を舞台にした家族再生のドラマ

◆『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』(2010)

監督:錦織良成
脚本:錦織良成 ほか
出演:中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ

大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしながら仕事に追われる日々を送る肇(中井貴一)。一人暮らしの母が倒れたのをきっかけに故郷へ戻った。

一畑電車の運転手になるという幼い頃の夢を思い出し、採用試験に応募してみる。そして、年齢のハンディーを乗り越えて試験に合格した肇は運転手となるが……。

50歳を目前に電車の運転士になる決意をした男と、家族の再生を描いたドラマ。

一畑電車の走る島根の風土を描きながら、家族や仕事といった人生の普遍的なテーマを扱った深遠なストーリーが感動を呼ぶ。

本作品では、1928(昭和3)年製造の旧型電車「デハニ52」「デハニ53」が大活躍する。晩年はお座敷電車に改造された車両で、現役を引退したばかり。それを撮影のために、製造当時のロングシートに改造して使用したという。

テレビで映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』2010年 NHKBSプレミアム 6月24日(月) 13時00分~ 中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子ほか 懐かしき一畑電車の走る島根の風景。美しくて感動的。

日本映画専門チャンネルの「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」 途中から見て、感動しちゃった いいわ、こういう生き方…勇気が必要だけどね

オールスター感謝祭に三浦貴大さん出演してるね。 デビューは錦織良成監督の「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」で、日本アカデミー賞新人賞受賞だったよね~。 錦織監督、新人を発掘するの定評あるからなぁ。

阪急今津線の乗客たちに起こるハートウォーミングストーリー

◆『阪急電車 片道15分の奇跡』(2011)

監督:三宅喜重
脚本:岡田惠和
原作:有川浩
出演:中谷美紀、戸田恵梨香、宮本信子、芦田愛菜

阪急今津線の車両内。白いドレスを着て結婚式の引き出物を抱えた女性(中谷美紀)に、見知らぬ老女が声を掛ける。

一方、暴れる彼氏を前に動揺する若い女性(戸田恵梨香)。降りる彼を追う彼女にもまた、老女が声を掛けるのだった。

兵庫・宝塚市の宝塚駅から西宮市の今津駅までを結ぶ阪急今津線を舞台に、婚約中の恋人を後輩社員に奪われたアラサーOL、恋人のDVに悩む女子大生、息子夫婦との関係がぎくしゃくしている老婦人らの人生が交錯する。

有川浩のベストセラー小説を映画化。片道15分のローカル線を舞台に、偶然乗り合わせた乗客たちのささやかな奇跡を描く。

『嫌われ松子の一生』で日本アカデミー賞に輝いた中谷美紀、映画や連ドラへの出演が相次ぐ若手注目株の戸田恵梨香、伊丹十三作品で知られるベテラン宮本信子という新旧女優の豪華共演が見どころだ。

午後からふと思い立って「阪急電車 片道15分の奇跡」をDVDで再見したが、名作と思ってたら傑作だった。とにかく端役まで各キャストの好演がほとんど奇跡的。有村架純さんをはじめ、あのキャストを2010年の時点で選んでいたのは本当に凄いであります。

阪急電車 片道15分の奇跡|GYAO!|映画 gyao.yahoo.co.jp/player/00908/v… #GYAO キャスティング最高。ロケ地最高。玉鉄にめっちゃきゅんきゅんするけど阪急今津線は二十歳前後よく使ってたからもう懐かしみのきゅんきゅん。

『阪急電車 片道15分の奇跡』@宝塚シネ・ピピア 宝塚〜西宮北口までの阪急今津線で起こる小さな奇跡の連鎖。お節介は関西の文化であり、人々の心を優しくする。ほんの些細な日常にホロッとするドラマの数々…岡田惠和氏の脚本が何とも見事。帰りに乗った阪急でつい誰かに声を掛けたくなりました。

森田芳光監督の遺作となった鉄オタコメディ 九州の列車が多数登場

◆『僕達急行 A列車で行こう』(2012)

監督:森田芳光
脚本:森田芳光
出演:松山ケンイチ、瑛太、貫地谷しほり

会社員の小町(松山ケンイチ)と鉄工所2代目の小玉(瑛太)は、鉄道という共通の趣味をもつ友人同士。九州に転勤になった小町は、くせものの地元企業社長(ピエール瀧)と鉄道をきっかけに盛り上がる。

1 2 3