1. まとめトップ

習い事は最低何年続ければいいの?

習ってよかったと思える習い事の期間はどれくらいなのでしょうか。

更新日: 2017年12月12日

1 お気に入り 122 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

子供の習い事は増えるばかりです。何年続けることを目標にすればいいのでしょうか。

mayumi816さん

2年未満で辞める(つまり初心者レベル)

2年で辞める生徒さんって、変な話、一番楽なのですよ、準備も責任という意味でも。

次から次へと生徒さんが応募してくる人気の習い事なら、2年位のサイクルで、
初心者レベルで回転してくれるのが最も経済的利益になります

2年を乗り越えないと、習い事で元を取れるようにはならないと思います。

3年以上(初中級レベル)

3年目になると、教える方も”ワタシの生徒として”これでいいか、と強く思い始めます。
3年目から先生が急に厳しくなったという経験をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、
なんとかしないと、という焦りが、責任感のある先生には芽生えるもの。

初めて3年…少しずつ身になってきました。物覚えの悪い長男でも、成果がみられます。このまま続けていけば早くから学習した意味が出てくるのかも。継続は力なり。継続することではじめて、早くから習ってきた効果が出るのだと思います。

4年以上(中級者レベル)

先生と生徒という関係も人付き合いの1つなので、しんどくなる(?)のは3年目から。

学校の授業ならスターになれるという技能がついたのなら、4年分の料金は十分に有効だったのではないでしょうか。

10年以上(上級者レベル)

10年習い事を続けれる方というのは、実際には1%いないのではないか。

学生時代を通して10年ほど続けさせることで、習い事を「特技」に変えます。

「10年以上真剣にやってきた」という事実が根拠となって、子どもを挫折や逆境から救い出してくれるのです

必ずしも、「一番になった」という結果は必要ありません。「一番を目指して、物事を真剣に続ける」ということがメンタルタフネスを養います。

続けるには、家で基本的な技術を教えること!

まずは家庭でルールや基本的な技術を教えてあげなければいけません。水泳教室に入れる前に、お父さんがプールに連れて行き、ストロークの方法、息継ぎのタイミング、飛び込みのコツを教えてあげるのです。

長続きのコツは?と聞かれたら、本当に小さな目標を持ち、それをひとつずつクリアしていくことでしょうか。

あまり熱を上げないことですね。

例 ブルーノ・マーズ

ブルーノはハワイ出身で、ギターやピアノの演奏はもちろん、ボイストレーニング、ダンスやステージパフォーマンスまで両親に指導される

小学生になる頃には父親と一緒にバンド活動に参加。

週3以上の練習で、先行逃げ切る!

他の子どもと同じように、週に1~2回のグループ練習に参加していても、周囲から一歩抜きん出ることはできません。親のサポートによって、子どもにスタートダッシュをかけることが重要なのです。

1 2