1. まとめトップ

<最新版>フィリピン留学スピーキング力特化型!語学学校ベスト5

英語留学するからには、スピーキング力を伸ばしたい!日本人が最も苦手としてるスピーキング力UPに特化した語学学校を5つまとめました。

更新日: 2017年12月09日

2 お気に入り 106 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

低価格でマンツーマン英語レッスンが受けられることで大人気のフィリピン留学。

マンツーマンで英語指導を受ける機会が多くあるだけに、コミュニカティブな学習でスピーキングを強化したいという方にオススメできる語学学校をご紹介します。

① C21

C21はマニラ首都圏の郊外にある韓国資本の語学学校。

いわゆる普通の英語留学向けのESLコースと、TOEIC対策に特化したTOEICコースがあるが、
ESLコースではスピーキング強化を第一として授業を構成している。

またこの学校の看板メニューである「英会話強化寮」に宿泊するコースは、英語の教師といっしょに同じ部屋で寝泊まりできる。
朝から晩まで英語漬けで、スピーキング能力の向上を目指す。

② PINES

フィリピンの避暑地として名高いバギオにて、15年以上の運営実績を持つ語学学校。

スパルタ式で12段階のレベルシステムによって個人個人、最も適した授業を行うので、
短期間でも英語力(会話・スピーキングが特に)の大幅な向上が見込める。
しっかりと教育された講師陣はフィリピンにある語学学校の中でも最高クラス。

③ Acti-LABO

Acti-LABO(アクティラボ)は、
世界の教育界で注目されている「アクティブ・ラーニング(能動的学習スタイル)」のメソッドを取り入れた英語学校。

最大の特徴は、実践型「机に座らない」英吾学習をテーマに掲げており、週2回のフィールドワーク(校外授業)では実際に教師と一緒に学校外に出かけ、1:1クラスで学んだ英語を実践で使ってみるという、他にはない独自のカリキュラムを取り入れていること。
本当に使える英語を学びたい方におすすめの学習スタイル。

④ MONOL

バギオにある語学学校、MONOL。

学校内はEnglish Only Policyが徹底管理されており、周りの学生も遅くまで勉強をしている真面目な学生が多い雰囲気。

テキストはオリジナルのテキストを用意し、オリジナルテキストに沿った先生のトレーニングを行っており、また科目ごとにスペシャリストの先生を配置しているため、先生のレベルが高くどの先生からでも高いレベルの授業を受けることが可能。

⑤ First English

フィリピン政府高等教育委員会(CHED)の認可取得済みの数少ない語学学校。

日本人が苦手とする発音やスピーキングに重点を置いた、短期間で効率よく英語を習得するためのカリキュラムが特徴。
短期間でも最大限の語学力のアップが見込まれるプログラムとなっている。

まとめ

日本人の多くは文法などはある程度理解できても、スピーキングが全くダメという人が多い傾向にあります。

フィリピン留学では、どの学校でも正直なところ嫌でもスピーキングは強化されますが、、、
より効率よく・レベルの高いカリキュラムを選択するためには、それなりに学校を絞り込む必要があります。

ここにあげた5つの語学学校は、スピーキング主体のカリキュラムでマンツーマンが多めの語学学校を厳選しました。
ご自身の留学期間、英語レベル、留学後の目標などによって選択すべき学校は変わってきますので、慎重な学校選びを行いましょう!

1