これでサクサク!「容量不足」を回避するiPhone極テク

知らない間にいっぱいになるスマホの容量。まとめて整理するのがオススメです。

更新日: 2017年12月07日

685 お気に入り 183939 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

容量足りない…ってときに

アプリ上のデータまで消えてしまうので、後で困るかも。

そんなときは、データだけ残しておける設定がオススメで…

「一般」→「iPhoneストレージ」をタップ。

「非使用のAppを取り除く」で、データを残したまま容量を大幅に節約できる。

アプリを「取り除く」操作は、データはそのまま残し、さらに必要があればすぐにアプリを戻せるという、削除に比べて便利なものとなっています

※取り除くと、データはiPhone上に残ったまま、アプリがiPhone上からなくなる。

「お気に入り」や「フォロワー」など、ゼロからやり直さなくても大丈夫。

画面をそのままスクロールしてアプリを選択。「Appを取り除く」で、アプリごとに調整することも。

意外と多い、写真の消去漏れ。。

「容量なんで減らないんだろ…」って時は、スマホにまだデータが残っている可能性大。

「最近削除した項目」をチェック。こちらにも、削除された画像が保存されるため、必要がないものは削除を必要。

削除した写真は、端末から完全に消えるのではなく、写真アプリの「アルバム」タブ内の「最近削除した項目」に残っています

【上級編】もっと減らしたい場合は…

iCloudへ最近撮影した写真を自動的にアップロードする機能。「設定」アプリの「写真」内で変更できる。

通常のカメラロールとともにマイフォトストリームという場所にも同じ写真が保存されてしまうため、余分な容量を消費してしまう原因のとなります

楽曲をダウンロードしなくても、ストリーミング再生のみで楽しめるサービス。

iPhoneに注意深くアルバムやプレイリストを選ばなくても、いつでも検索して自分が持っている音楽を聞くことができる

1