コーヒーに含まれるカフェインを摂ると興奮・覚醒するのは副腎のホルモン“コルチゾール”と“アドレナリン”が分泌されるからです。しかし、このホルモンをどんどん分泌させてしまうと、体を疲れさせてしまうことになります。そこにまたコーヒーで刺激を繰り返すと、体は疲れる一方です。

出典「コーヒーの飲み過ぎ」でどんどん疲れが溜まる理由とは?│NEWSポストセブン

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

これで疲れスッキリ!「疲れやすい人」の特徴と対策法

口癖が「疲れたー」「だりー」の人はいませんか?疲れの原因を正しく理解すれば、疲れにくい体にすることもできるはずです。では、疲労の原因とはいったい何なのか探っていきたいと思います。

このまとめを見る