体を活動させる交感神経に働くカフェインを摂取し続けると、心拍数の増加や血圧の上昇が日常的に続く状態となり、体はつねに興奮状態に。そのため、自律神経のバランスを崩してしまい、だるさや気分の落ち込みなど身体症状となって現れます

出典コーヒーの飲みすぎは危険?カフェイン依存症|ヘルスケア情報|eo健康

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

これで疲れスッキリ!「疲れやすい人」の特徴と対策法

口癖が「疲れたー」「だりー」の人はいませんか?疲れの原因を正しく理解すれば、疲れにくい体にすることもできるはずです。では、疲労の原因とはいったい何なのか探っていきたいと思います。

このまとめを見る