1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

どうしてブーツをはいた足は臭くなるの?

足の裏は汗腺のが体の中で一番多く、通常の皮膚に比べ約3倍以上の汗腺があり、両足で1日コップ1杯もの汗をかく。

 本来であれば、足裏の汗腺は無臭だが、汗が足裏の雑菌と結びつくことによって、強い臭いに変化する

対策は?

①冬場も足裏の角質ケア

 夏場はサンダルやミュールを履くので足の角質ケアをまめにする方が多いが、冬場は足が隠れてしまう為、お手入れが滞りがち

 足の角質は雑菌の栄養となり、臭いの原因に。冬場も足の角質ケアを怠らないようにすることが大切。

②ブーツは何足かを履き分ける
 
 一番よくないのは同じブーツを履き続けること。
ブーツはにおいがこもりやすい。毎日はいていたらどんどんにおいがこもってきてしまう。

③ブーツのサイズを合わせる

 ブーツが少し大きかったりすると、そのせいでブーツが蒸れやすくなる。ブーツを購入する際はなるべくぴったりのサイズを買うことが大切。

その他まとめ

1