1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

いまや“NHK御用達”!休業2年間&離婚を糧に「ミムラ」が大活躍していた

2017年だけでNHKドラマ5本に出演するなど、近年“NHK御用達”女優とも言える活躍を見せるミムラ。元々はフジテレビ“月9”「ビギナー」で主演デビューだが、限界を感じて2年間休業&離婚。復帰後はそうした経験を糧に、大河や朝ドラなど次々に出演。来年の大河ドラマ「西郷どん」でも重要キャストで登場する。

更新日: 2017年12月14日

18 お気に入り 55726 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆2017年だけで5本のNHK作品に出演したミムラ

『ソースさんの恋』(2017)

ミムラと千葉雄大

今年6月からNHK BSプレミアム『ソースさんの恋』で主演を務めていたミムラ。千葉雄大(28)演じる美大生と“10歳差”の恋に落ちるという、難しい役どころを熱演。

物語の舞台は朗読教室。NHKドラマ初出演となる竹野内豊が演じるのは、妻の奈緒(ミムラ)に愛想を尽かされたさえない数学者。

『この声をきみに』(9-11月放送)

富士山のふもとにある小さなコンビニ「富士ファミリー」の、評判の美人三姉妹。しっかり 者の長女の鷹子(薬師丸ひろ子)。自由奔放な次女のナスミ(小泉今日子)。要領がいい 三女の月美(ミムラ)。

『富士ファミリー2017』

他に『大岡越前スペシャル 白洲に咲いた真実』『昔話法廷「アリとキリギリス裁判」』に出演

◆4月からはNHKラジオ講座も担当するほどの“NHK御用達”ぶり

NHKラジオ第2では、現役高校生の春名風花が 聞き手となり、ミムラや声優の朗読する文学作品を解説していく「国語総合」(毎週金、土曜夜8:00-8:30)が放送される。

2017年

4月7日から NHK高校講座 国語総合 がはじまります 毎週金曜日と土曜日 20:10~20:30 NHKラジオ第2で放送です MCはミムラさんとぼく、春名風花でおおくりいたします。

春名風花のコメント

放送日:12/2 第62回[現代文]小説 夢十夜(4)(夏目漱石)
講師:東京都立国分寺高等学校教諭…渡部真一
MC:ミムラ

◆そんなミムラだが、デビューはフジテレビ「月9」いきなり主演

ドラマ『ビギナー』でいきなり主演に大抜擢され女優デビューを果たしたミムラ。

1984年6月15日、埼玉県生まれ。モデルとして活動後、2003年放送のフジテレビ系月9ドラマ「ビギナー」のヒロイン公募オーディションで約1万人から選ばれ。

「ビギナー」は司法試験に合格した司法修習生がテーマのドラマ。出演は男がオダギリジョー、堤真一、我修院達也、北村総一朗。女が松雪泰子、奥菜恵、横山めぐみ、そしてミムラ。

◆順調にキャリアを重ねるも、限界を感じて2年間休業

翌年、森田芳光監督の「海猫」で映画に初出演し、「着信アリ2」(04)、「この胸いっぱいの愛を」(05)で主演を務める。

オファーが相次ぎ、女優としてのあり方を模索し始める。「毎日間近でみるプロの役者という生き物に憧れるようになり、そうではない自分はどうしたらプロになれるか、いつも考えていました」

ミムラのコメント

当時は自ら置かれた立場の重さに苦悩。そのため06年に一度リセットすべく、2年間の“休業生活”に入っていた。

◆同時期に結婚した相手とも2010年に離婚 後に一般男性と再婚

06年、「この胸いっぱいの愛を」で共演した指揮者の金聖響と結婚するが、10年に離婚。

女優活動の忙しいミムラと海外で演奏する機会が増えた金がそれぞれ仕事を充実させていくなかで、お互い気を使う関係になったといい、今後、気兼ねなく仕事に没頭していくための前向きな“発展的解消”とみられる。

「先日再婚致しました。年上の一般の方で性格は『俺物語!!』の猛男くん似、国籍も含めThe・日本男子です。私の仕事を言葉の応援だけでなく行動でしっかり支援してくれる方です。」

2013年

◆ミムラはこうした体験がその後の役に活かされていると語った

ひと月に200冊もの本を読むこともある「読書家」としても著名。執筆活動も行っている。

「休業中は読書をしたり旅行に出かけたりして、映画や芝居も女優ではなくイチ観客の立場で観ていたそうです。そのうちに女優という仕事のすばらしさを再認識し、『私は何を悩んでいたんだろう』と復帰を決意しました。」

「そこから新人になったつもりで演技を勉強しなおし、今では誰よりも芝居が好きと言えるほどになったといいます」(芸能関係者)

1 2 3