1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

max0419さん

『ios11』とは?

充電の減りが早くなったり、新しくなって使いづらい・・・

そんなこと、考えてませんか?

iOS 11では、何億万台ものiOSデバイスに拡張現実(AR)がもたらされるほか、新しいプロレベルの機能により「写真」や「カメラ」で扱う画像のが品質が向上します。

Siriがより自然になって便利になったほか、再設計されたApp Storeでは、アプリケーションやゲームがいっそう見つけやすくなりました。

『ios11』には新しく追加された機能が盛りだくさん!

①コントロールセンターをカスタマイズできる!

iOS11はコントロールセンターが進化しています。なんと項目を自分でカスタマイズできます。

これによってあのアクセスしづらかった「低電力モード」や「インターネット共有」も速攻オン・オフできるようになりますよ。

カスタマイズするには、「設定アプリ > コントロールセンター」に移動すればできます。

②キーボードを左右に寄せられる!

iOS 11では、iPhone向けに新たに「片手用キーボード」機能が追加され、キーボードを左右どちらかに寄せることができる。

片手用キーボードを有効にするには、キーボードの地球アイコンを長押しすると現れるキーボードのアイコンをタップするか、「設定」アプリの「一般」→「キーボード」→「片手用キーボード」で有効にする。

③QRコードを読み取れるようになった

iOS 11では、純正の「カメラ」アプリでQRコードを読み取れるようになった。読み取るための特別なモードは用意されていない。静止画を撮影する「写真」または「スクエア」を選び、QRコードが画面に入るようにするだけだ。

 QRコードを読み取るとその内容が通知される。実行する場合は通知をタップしよう。写真の撮影時にたまたまQRコードが写り込んでも、勝手に実行されることはないので安心だ。

④Safariの動画プレイヤーは15秒のシークボタンが追加されている!

iOS11からは15秒の前後シークボタンが追加されたので微妙なシークがとても楽になりました

これは地味に嬉しいですね!

⑤もしもの時のための緊急SOS機能がある!

設定によって110や119にすぐに電話してしまう可能性があるので慎重に使いましょう。(設定アプリ > 緊急SOS > 自動通報のスイッチがオンになってないか確認しておく事。)

特に女性や子供の方は覚えておきましょう。iOS11は電源ボタン(ロックボタン)を5回連続でタップすると緊急SOSモードになり、110や119へすぐに電話できます。

⑥ウェブサイトをPDFで保存

iOS 11では、ウェブサイトをPDFファイルとして保存できる。保存するには、「Safari」から共有方法を選び、「PDFとしてマークアップ」をタップするだけ。長いウェブサイトも、1ページのPDFとして保存できる。

 さらに、作成したPDFで「鉛筆」アイコンをタップすることで、手書きの注釈を加えられるのが便利だ。PDFはメールで送信したり、iCloud DriveやDropboxといったクラウドストレージに保存したりできる。標準のメモにも添付できるので、レシピ集やニュースクリップなどに活用したい。

⑦複数のスクショを一度に編集できるようになった、iOS11のスクリーンショット機能!

iOS11からスクリーンショットを撮ると一旦左下に表示されます。そこをタップすると写真に落書きや吹き出し、テキストの追加などの編集ができるようになっています。

また連写も可能で、連写した場合一気に複数枚の編集が可能です。

ちなみに、スクリーンショットの取り方はこれまでと同じく電源ボタン+ホームボタンです。

⑧運転中、自動的に「おやすみモード」がオンになる

iOS 11では「おやすみモード」を使って、クルマの運転中に通知を止められる。

 設定アプリの「おやすみモード」設定内で、「車載Bluetoothに接続時」を選ぶと、Bluetoothに対応する車載機器やヘッドセットに接続したとき、おやすみモードがオンになる。Bluetooth対応のカーステレオなどがある場合は、この設定にしておくといいだろう。

 「自動」では、Bluetoothの接続状況だけでなく、周辺のWi-Fi、現在地、加速度などの情報から総合的に判断し、おやすみモードをオンにする。ただし、電車やバスなど、自分で運転していない状況でもオンになる可能性がある。

 ケータイ(ガラケー)に備わっているドライブモードのような機能だが、移動時やBluetooth機器への接続時に自動でオンになるのは手間要らず。通知に煩わされたくない旅行中や公共交通機関での移動時などでも、積極的に使っていきたい。

1 2