1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

急落からの急騰…手数料も高騰する『ビットコイン』の現状とは?

価格変動の激しいビットコイン。PCゲームプラットフォームの大手Steamがサポートを終了するという事態に発展しています。

更新日: 2017年12月08日

26 お気に入り 77818 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

急落からの急騰と価格変動の激しいビットコイン。手数料も高く取り扱うのが難しい通貨になってきましたね。今後はどうなっていくのでしょうか…。

・随分認知されてきた仮装通貨「ビットコイン」

「ビットコイン」とは、インターネットを介して取引できる仮想通貨

価値の変動が激しく、ニュースで取り上げられることも多くなりました。

・先月末には最高値直後に急落が起きた

29日は最高値を更新したものの、一日で2000ドル(約22万円)以上、値下がり

前日から一時、1000ドル(約11万円)以上の値上がりとなりましたが、その後は警戒感から売られて一時、9200ドル(約103万円)まで値を下げるなど激しく乱高下

・その後また急騰している

今月に入ってからの上昇率は50%を超え、ブルームバーグの価格によると、一時1万5242.99ドルと過去最高を更新

・この変動の激しさを受けて取り扱いをやめた企業も

Valveは米国時間12月6日、PCゲーム配信プラットフォーム「Steam」での購入に関して、ビットコインの受け入れを停止したことを発表

Valveはビットコイン決済サービス会社BitPayと提携し、昨年4月末からSteamにてビットコインをサポートしてきた。

Valveは「将来的に、Steamおよびそのコミュニティにとってのビットコインの有益性を再評価する可能性はありますが、現時点では、支払いオプションとしてのビットコインのサポートは合理的ではないという結論に至りました」としている。

・もう一つの理由は「決済処理手数料の大幅な増加」

終了の理由は、過去数カ月にわたるビットコインの価格の急激な変動と決済処理手数料の大幅な増加としている。

ビットコインの急騰と共に、顧客に請求される取引手数料も大幅に増加していると、Valveは ブログの記事で述べた。

その取引手数料はサポート開始当初は0.2ドル程度だったが、先週の時点では20ドルと約100倍に上昇しており、ゲームの購入のような少額決済にかかるコストとしては高すぎる状況にあった。

特に、(Valveの管轄外である)手数料が高いと、ビットコイン自体の価値が劇的に低下した場合に大きな問題になる。

・場合によってはゲーム代よりも高くつく手数料

例えばユーザーがゲーム代金支払い用にビットコインを送っても、決済処理までにコインの価値が大幅に変動すると、決済後にユーザーに払い戻すか、あるいは不足分補完のために追加送金を求めなければならない。

今年に入ってからこのような形で支払い不足に陥るユーザーの数が増加しているそう

現時点では支払い方法としてのビットコインのサポートは合理的ではないという結論に至ったという。

1 2