1. まとめトップ

Suicaが凄すぎる!全国の交通電子マネーまとめ

首都圏に住んでいたら絶対必要なSuica。このSuicaを含む電子マネーがかなり使えます!

更新日: 2017年12月08日

1 お気に入り 141 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wake_vpvpzさん

Suicaとは

イチイチ買ったり、申し込みしたりしてたのがバカみたい(笑)
これさえあれば、スイスイどこへでも行けます。

Suicaで、北海道から九州までKitaca、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、PiTaPa、SUGOCA、nimoca、はやかけん、icsca、odecaの各エリアにおける鉄道・バス等のご利用が可能になります。

チャージ式なので、Suicaとnanacoさえあればどこへでも行ける気がしますよね。
もちろんチャージしてたらの話ですが。

ビックカメラSuicaカードは、Suicaの残高が一定を下回ったら自動で一定金額をチャージしてくれるオートチャージ機能を利用可能だ。

一定金額を下回れば、勝手にチャージしてくれるクレジット機能つきのSuicaも。
もちろんポイント、二重取りできます。

できる限りSuicaに残高をチャージして、それで商品を購入するようにしてポイント還元率のイマイチさを補おう。

SAPICA

地下鉄の改札機や券売機、バス・市電の運賃箱でSAPICAのカード残額を使うと、運賃の10%がSAPICAポイントとしてたまります。また、札幌市内のセイコーマートでのお買い物にSAPICAのカード残額を使うと、お支払い額に応じてSAPICAポイントがたまります。

Kitaca

Kitaca電子マネー加盟店で、端末にワンタッチするだけでカンタン&スピーディーにお買い物ができます。さらに、相互利用可能な全国の電子マネー加盟店でもご利用いただけます。

odeca

東日本内なら使えるSuica。
ただし、使えないサービスもあるので注意が必要です。

JR東日本「気仙沼線BRT」「大船渡線BRT」で使えるBRT専用ICカード乗車券、それが「odeca(オデカ)」です。チャージ済のカードを車載機にタッチするだけで自動的に運賃を差し引くから、とても便利です。

icsca

icscaは、仙台市交通局が発行するICカード乗車券です。
バスや地下鉄を一枚のカードで利用でき、パスケースに入れたままでも、タッチするだけで運賃の支払いができるため、どなたでも使いやすく、交通機関のご利用がスムーズになります。

りゅーと

カードのご利用でポイントがたまります。たまったポイントは
翌月以降、バスご利用時の運賃としてご利用いただけます。

TOICA

例えば「札幌~小樽」(Kitacaエリア)、「浅草~人形町」(PASMOエリア)、「東京~新宿」(Suicaエリア)、「名古屋~栄」(manacaエリア)、「京都~近鉄奈良」(PiTaPaエリア)、「大阪~三ノ宮」(ICOCAエリア)、「博多~天神」(はやかけんエリア)、「西鉄福岡(天神)~太宰府」(nimocaエリア)や「小倉~門司港」(SUGOCAエリア)など、それぞれのエリア内でのご乗車も、改札機にTOICAをタッチするだけで、運賃をカード残額から自動的に引き去ります。

1 2